現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 学校教育 >
  4. 教育施策 >
  5. 学力向上 >
  6.  平成30年度全国学力・学習状況調査結果の分析報告書を公表します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 学力向上推進プロジェクトチーム
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成30年11月29日

平成30年度全国学力・学習状況調査結果の分析報告書を公表します

 三重県教育委員会では、平成30年度全国学力・学習状況調査の結果を分析し、その結果及び分析を踏まえた今後の方策等を取りまとめた「分析報告書」を作成いたしました。
 また、「分析報告書」を有効に活用していただくため、その概要版として、子どもたちの経年的な課題を中心にまとめた「ガイドブック」も作成いたしました。分析報告書の主な内容等については、次のとおりです。

1 本報告書の構成
  第1章 三重県全体概況
  第2章 教科に関する調査結果の分析
  第3章 質問紙調査結果の分析
  第4章 県内の取組
  第5章 「みえの学力向上県民運動」主な関連指標(三重県の経年比較)
  第6章 今後の取組
  第7章 市町等別調査結果・分析と今後の取組


2 主な分析の概要
※< >内は「ガイドブック」のページ数を、( )内は「分析報告書」のページ数を示します。
(1)教科に関する調査結果の分析<P.3~>(P.20~)
 ・教科に関する調査では、全国の平均正答率を上回ったのは中学校数学Aのみにとどまりましたが、小
  学校では、昨年度に比べ国語A、算数Aで、全国の平均正答率との差が縮まり、中学校では、小学校6
  年生時(平成27年度調査)と比べ国語A、数学A、理科で改善しました。
 ・各教科で改善の見られた設問
   国語:「文中で用いる漢字を正しく選択する」
      「古文と現代語訳とを対応させて内容を捉える」
   算数・数学:「1に当たる大きさを求める」
         「数直線に示された正負の数を読み取る」
   理科:「乾電池のつなぎ方と電流の向きの関係を捉える」
      「原子の記号を正しく表す」
 ・課題の見られた設問(解答類型別に見たつまずきと指導のポイントを掲載)
   国語:「根拠に基づいて自分の考えを書く」「主語・述語の関係を捉える」
   算数・数学:「円周率を求める式を選択する」「人数割合、割引率を求める」
   理科:「食塩水の体積と重さの関係を捉える」「実験を考察する」

(2)質問紙調査結果の分析<P.1、P.9>(P.5、P.32)
 ・自尊感情・自己肯定感に係る質問「自分には、よいところがあると思いますか」に、肯定的に回答した
  児童生徒の割合は増加傾向にあり、過去4年間の中で最も高くなっています。
 ・学習意欲に係る質問「算数(数学)の問題の解き方が分からないときは、諦めずにいろいろな方法を考
  えますか」に、肯定的に回答した児童生徒の割合は、全国を上回る状況が続いていますが、本県の割合
  を経年で比較すると、減少しています。
 ・家庭における学習習慣に係る質問「学校の授業時間以外に、普段(月曜日から金曜日)、1日当たりど
  れくらいの時間、勉強をしますか」に、「1時間以上勉強している」と回答した児童生徒の割合は、昨
  年度より増加し、過去4年間の中で最も高い状況にありますが、全国平均を下回る状況が続いていま
  す。
 ・読書習慣に係る質問「学校の授業時間以外に、普段(月曜日から金曜日)、1日当たりどれくらいの時
  間、読書をしますか」に、「10分以上読書をしている」と回答した児童生徒の割合は、昨年度に比べ
  て増加していますが、依然として全国を下回っています。


3 特徴的な分析
(1)家の人との対話<P.2、P.11>(P.5、P.37)
 ・肯定的に回答した児童生徒の割合は、昨年度より増加し、過去4年間の中で最も高くなっています。教
  科に関する調査の平均正答率との関連について、対話をしている児童生徒と全くしていない児童生徒の
  平均正答率に差(10ポイント以上)が見られます(特にB問題)。
 ・子どもたちの自尊感情・自己肯定感等と家の人との対話を、経年で比較すると児童生徒ともに同じよう
  な伸びを示していることから、家族との対話が自尊感情の高まりにもつながると考えられます。

(2)規範意識<P.9>(P.7、P.33)
 ・規範意識が高いほど、小学校では国語B、算数Bで、中学校では数学A・B、理科で、平均正答率が高
  い傾向が見られます。
 ・授業規律が守られているクラスでは、子どもたち一人ひとりの学習活動(考えたり、表現したりするこ
  と)が確実に保証されることから、平均正答率に影響していると考えられます。

(3)県内の取組<P.12~>(P.49~)
  子どもたちの学習内容の理解と定着、効果的な習熟度別少人数指導、家庭・地域との連携、読書活動の
 充実の4つの視点から県内の取組事例を紹介
   ○子どもたちの学習内容の理解と定着につなげる取組
    ・割合の量感イメージを捉えさせるため、全学年で図示する活動の指導を徹底している。(四日市
     市立保々小)
    ・朝と昼の時間帯を活用した漢字(漢字検定)と計算の補充学習を設定し、子どもに明確な目標を
     持たせて取り組ませることで、基礎基本の確実な定着につなげている。(津市立敬和小)
   ○効果的な習熟度別少人数指導の実践
    ・指導教諭をキーパーソンとして習熟度別少人数指導を推進している。単元テスト等の分析結果の
     データを基に学級での課題や一人ひとりのつまずきを把握し、系統立てた指導につなげている。
     (東員町立神田小)
    ・習熟度別指導にあたって、生徒・保護者に丁寧な説明と面談を実施することで、生徒の適切な
     コース選択につなげている。(伊勢市立二見中)
   ○家庭・地域との協力による基礎基本の定着を図る取組
    ・家庭・地域ボランティアの協力を得て、全校での補充学習の実施。確認テスト・金曜日の補充学
     習・週末の家庭学習の流れにより、学習内容の定着につなげている。(亀山市立神辺小)
   ○読書活動の充実に向けた取組
    ・学校司書の配置、計画的な図書購入など読書環境を整備することで、子どもたちの読書時間の改
     善につなげている。(御浜町教委)


4 今後の取組について
  子どもたちの「わからない」「できない」を、「わかった」「できた」という実感につなげられるよ
 う、県教育委員会では、広域教育行政の立場から、子どもたちが学習内容を確実に理解・定着できる取組
 を進め、より一層市町と連携しながら学校・家庭・地域の取組を支援してまいります。

5 その他 
  「分析報告書」及び「ガイドブック」は、小中学校教育課・学力向上推進プロジェクトチームのホームページ
 に掲載します。(http://www.mie-c.ed.jp/shochu/)

関連資料

  • 平成30年度全国学力・学習状況調査結果分析報告書(PDF(8MB))
  • 平成30年度全国学力・学習状況調査結果分析報告書(ガイドブック)(PDF(3MB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 学力向上推進プロジェクトチーム 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2931 
ファクス番号:059-224-3023 
メールアドレス:gakupro@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000221270