現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 文化財 >
  5. トピックス >
  6. 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」(熊野参詣道) >
  7.  世界遺産登録15周年シンポジウムを開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 社会教育・文化財保護課  >
  4.  記念物・民俗文化財班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年12月03日

世界遺産登録15周年シンポジウムを開催します

 三重、奈良、和歌山の3県は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保存と活用を連携して推進するため、『世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」三県協議会』を設置し、共同で普及啓発等の事業に取り組んでいます。このたび、「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録15周年の歩みを振り返り、価値と魅力を再認識するとともに、保全や活用の将来について議論を深めるため、シンポジウムを開催いたします。

1 日時 令和2年1月18日(土)13時30分から15時30分まで(13時開場)

2 場所 世界遺産熊野本宮館多目的ホール(和歌山県田辺市本宮町本宮100-1)

3 参加方法 どなた様でも参加できます。
       定員 200名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
       参加料 無料
       申込方法 別添チラシの「参加申込書」をご記入のうえ、FAX又は電子メー
            ルにてお申し込みください。
       申込・問い合わせ先 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」三県協議会事務局
                 (和歌山県観光振興課)
                 電話:073-441-2424 FAX:073-432-8313
                 E-mail:e0624001@pref.wakayama.lg.jp

4 内容 テーマ 紀伊山地の霊場と参詣道15年の歩み
     基調講演 西村幸夫(日本イコモス国内委員会顧問)
          「世界遺産を巡る近年の動向」
     シンポジウム コーディネーター 西村幸夫
            パネリスト 
               多田稔子(田辺市熊野ツーリズムビューロー会長)
               岡橋純子(聖心女子大学現代教養学部国際交流学科准教授)
               辻林 浩(和歌山県世界遺産センター顧問)
               伊藤文彦(三重県教育委員会主査)

5 主催 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」三県協議会

6 その他 内容等の詳細は、別添チラシをご覧ください。



関連資料

  • 世界遺産登録15周年シンポジウム チラシ(PDF(893KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課 記念物・民俗文化財班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-3328 
ファクス番号:059-224-3023 
メールアドレス:shabun@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000232963