自動車税の納期限は毎年5月末日です。

平成25年度は5月31日(金)が納期限となります。

自動車税とは

自動車という財産に係る財産税の一種ですが、自動車を運行することにより道路を損傷させるので、その維持費を負担して もらうという性格も持っています。
 また、グリーン化税制の導入により環境税的な性格も有することになりました。

納める人は

三重県に主たる定置場のある自動車の所有者です。(軽自動車や二輪は除きます。)
 ただし、割賦販売(ローンでの購入)などで、売主が所有権を留保している時は買主である使用者です。

納める額は

自動車の種別、用途、総排気量、最大積載量などに応じて税額が定められています。
 なお、自動車を新規登録(中古新規登録を含みます。)したときは翌月から、抹消したときはその月までの月割り計算した額となります。

税額表(グリーン化税制による軽課・重課分を含む)はこちらから

エクセルファイル添付(EXCEL:75KB)

納める方法は

4月1日現在に登録されている自動車の所有者又は使用者の方には5月上旬に自動車税事務所から納税通知書を送付しますので納期限である5月31日までに、最寄りの金融機関もしくは県税事務所で納めていただくことになります。
 また、4月1日以降に自動車を新規登録(中古新規登録を含みます。)したときは登録時に申告納付していただきます。
 なお、納期限を過ぎると延滞金がかかります。