トップページ > 住民参画による社会資本整備 > 東紀州地域交流空間創造事業

東紀州地域交流空間創造事業

事業の趣旨

東紀州地域は、熊野灘に面した雄大な海岸線、温暖な気候、紀伊山地の山並みなど、豊かな自然環境に恵まれているほか、「熊野古道」をはじめとした歴史的・文化的資源が豊富であり、古来より日本の精神文化の源流をなす地域となっています。

このような背景のもと、2004年7月に「熊野古道」が世界遺産に登録され、三重県の歴史と文化が県内外から脚光を浴びようとしています。こうした機会をまちづくりの好機と捉え、歴史的・文化的資産を景観づくりやまち並みづくりに活かし、人々が集う交流空間として整備していくことが求められています。

東紀州地域交流空間創造事業は、東紀州地域の豊かな自然環境、歴史的・文化的資源を利活用した景観やまち並みを創造していくことで、個性豊かな魅力あるまちづくりを推進し、地域振興や観光振興につなげていくことを目的としています。

 

事業の流れ

この事業は、平成16〜18年度の3箇年かけて部会メンバーが主体となって取り組みます。16年度は「交流空間整備計画」の策定、17年度以降は地域住民、行政が協働で整備計画の実践を図ることとしています。

 

整備計画の策定地域

詳細は全体位置図参照 PDF形式92.8KB)

整備計画の策定地域は、▽馬越峠・尾鷲市部会▽ツヅラト峠・荷坂峠部会▽馬越峠・海山町部会▽松本峠・熊野市部会▽風伝峠部会▽熊野川部会、の6部会となっています。

平成16年度に各部会が策定した整備計画については、「東紀州地域交流空間整備計画(概要版)」を参照ください。

東紀州地域交流空間整備計画(概要版2−1 PDF形式2,669KB)

東紀州地域交流空間整備計画(概要版2−2 PDF形式3,259KB)

 

各部会の活動の様子

各部会では、部会の活動を記録したニュースレターを部会開催ごとに作成しています。詳細は下記リンク先をご覧ください。

 

ページのトップへ戻る