現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 学校教育 >
  6. 授業用資料 >
  7.  紙芝居「ほおかぶりをしたハニワ馬」
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

紙芝居「ほおかぶりをしたハニワ馬」

紙芝居で古墳時代を知ろう!

 全国でも石薬師東古墳群(鈴鹿市)でしかみつかっていない、変わった頭の形をした馬形埴輪を題材にした物語です。頭の形が何を表現しているのか、様々な説がありますが、紙芝居では何かをかぶっている表現をしている、という一説を取り上げています。
 紙芝居の視聴を通して、古墳時代の王が権力を示すために古墳をつくり、中には埴輪をかある古墳もあったことを学ぶことができる教材です。

制作部数:標準サイズ 1部(41.8×26.3cm)
     大型サイズ 1部(61.3×43.0cm)※教室やイベント等で活用できるサイズです
紙芝居を上映しているようす 紙芝居全編


 紙芝居のストーリー、石薬師東古墳群出土馬形埴輪の紹介や、紙芝居を使った授業案については、平成27年度に三重県埋蔵文化財センターが刊行いたしました『教材の開発と授業実践』をご覧ください。(7・8ページ)


冊子のPDFはこちらからダウンロードしてください(PDF形式 9.92MB)。
※データの表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。

教材のご利用にあたって

 現在、教材のみの貸出は行っておりません。
  三重県埋蔵文化財センターから出前授業やイベントなどで学校へお伺いする際に、ご希望いただければ職員がお持ちいたします。また、これらの教材を使用した授業も行っております。
出前授業のお申込みは電話でも承っております。内容についてはお気軽にご相談ください。

出前授業の申し込みについてはこちら&nbs

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-1732 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000190899