ホーム > 協賛、応援、寄附の募集

伊勢志摩サミット開催に向けたご支援のお願い

   2016年みえ伊勢志摩サミット誘致推進協議会を中心とする官民一体での誘致活動などが実を結び、平成28年(2016年)5月26日から

27日まで、主要国首脳会議(サミット)が三重県・伊勢志摩で開催されることとなりました。

 サミットという世界最高峰の国際会議の開催は、本県の国際観光地としてのレベルアップだけでなく、地域の総合力の向上につなげる

千載一遇のチャンスであり、三重県ならではの美しい自然、豊かな文化・伝統、先端技術などを強力に発信していく必要があります。

 また、サミットを一過性に終わらせることなく、開催後の地域の活性化につなげるためにも、子ども・若者、女性、高齢者や障がい者など

さまざまな県民が準備段階から事業の企画に携わり、実施して、サミットに参画することが重要です。

 そのため、「オール三重」で一丸となってサミットを成功させるため、伊勢志摩サミット三重県民会議を中心に、「開催支援」「おもてなし」

「明日へつなぐ」「三重の発信」の四つの柱に基づき、サミット開催に向けた全県的な取組を展開してまいりたいと考えています。

 今後、受入準備が本格化いたしますので、ぜひとも、伊勢志摩サミット三重県民会議を中心とした取組にご賛同をいただき、協賛、応援

や寄附によるご支援につきましてご協力賜りますよう心からお願い申し上げます。

                                 伊勢志摩サミット三重県民会議会長(三重県知事) 鈴木 英敬

伊勢志摩サミット三重県民会議へのご支援の方法

  協賛 県民会議が実施する事業への物品の提供等によるご協力をお願いします。

  応援 皆さんが自主的に取り組まれる事業による応援をお願いします。

  寄附 県民会議が実施する事業への寄附金によるご支援をお願いします。

協賛、応援事業に関する手続 

1 募集内容

 (1)県民会議事業等への協賛

  県民会議の主催する事業、県や市町等との連携事業において活用する物品や役務、技術、事業等の提供によるご協力をお願いします。

  なお、個人からの提案募集は行いません。

(2)伊勢志摩サミットの応援事業

  皆さん自身が主役となって、県民会議の4つの柱「開催支援」「おもてなし」「明日へつなぐ」「三重の発信」に関連する取組を行って

  いただくことでご協力をお願いします。

 ※(1)(2)ともに県民会議の財政負担が伴わないことを前提とします。

2 応募方法および登録

  「協賛、応援事業提案シート」に所要事項をご記入のうえ、下記のあて先へ郵送、FAX、E-mailのいずれかでお申込みください。

  「協賛、応援事業提案シート」

  ※募集期間は、平成28年5月31日までです。

   〒514-0004 三重県津市栄町2-380 HOWAビル津4階
   伊勢志摩サミット三重県民会議事務局 総務課あて
   TEL 059-253-5491  FAX 059-253-5498  E-mail summit@pref.mie.jp

  ・ 提案シートの内容について、必要に応じヒアリング等を行ったうえで、結果をご連絡させていただきます。

   公序良俗に反するなど一定の事由に該当するもの以外は、それぞれ協賛、応援事業として登録します。

  ・ 登録に疑義のある提案については、選定委員会で登録の可否について決定します。

  ・ 登録した協賛、応援事業については、その事業名及び事業内容を同意を得たうえで、県民会議ホームページへ速やかに掲載する

   とともに、記録誌にも掲載します。

  ・ 協賛における物品等の提供方法につきましては、別途協議させていただきます。 

  ※応援事業としてご登録いただいた方で、「完了報告書」の様式を紛失された方はこちらからダウンロードください。

  「完了報告書」

 

3 参考例

 (1)協賛

  ・ サミットPRポスター、チラシなどの印刷

  ・ 各種ノベルティの製作

  ・ サミット開催カウントダウンボードの製作

  ・ サミット関連事業への役務・物品・技術等の提供又は貸与製品(工業製品や加工品だけでなく農林水産物など一次産品も含む)、

   運行・運営・翻訳・接遇等のサービス、制作・管理等の技術 等〕

  ・ クリーンアップやイベント等の事業実施

  ・ サミット関連事業参加者への三重県PRグッズ等の提供

  ・ 「三重県情報館(仮称)」における備品、コンテンツの提供又は貸与

  ・ サミット関係者(警備等)へのサポートグッズの提供 

(2)応援事業(例:企業の場合)

  ・ サミット応援イベントの開催

  ・ サミット応援フェア・セール等の開催

  ・ サミット応援商品の開発、販売(売り上げ金の一部を県民会議へ寄附等)

  ・ サミットを紹介する冊子の作成および顧客への無料配布

  ・ 各施設へのサミット応援メッセージの掲載

  ・ サミット参加国の歴史・文化・食等についての展示紹介

  ・ サミットに関する子ども向け学習会の開催

  ・ 懸垂幕、横断幕の設置

   (平成27年12月28日から各市町、県庁舎で掲出している懸垂幕、横断幕のデザインデータが、下記からダウンロードできます。)

    懸垂幕、横断幕デザインデータ(参考) : 懸垂幕  横断幕

 

寄附金に関する手続

1 寄附金の申込

 「寄附金申込書」に所要事項をご記入のうえ、下記のあて先へ郵送、FAX、E-mailのいずれかでお申込みください。

  ※募集期間は、平成28年5月31日までです。

   〒514-0004 三重県津市栄町2-380 HOWAビル津4階
   伊勢志摩サミット三重県民会議事務局 総務課あて
   TEL 059-253-5491  FAX 059-253-5498  E-mail summit@pref.mie.jp

  ※個人の場合は、上記の方法のほか、インターネットからクレジットカード、コンビニエンスストア、ペイジーでご寄附いただくこと

   もできます。(具体的な方法は、三重県ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)サイトhttp://www.pref.mie.lg.jp/FURUSATO/)を

   ご覧ください)

   この場合、活用を希望する取組として「伊勢志摩サミット」を選択してください。なお、ふるさと応援寄附金申込書等の選択肢に

   ない場合は、「その他希望される活用先」を選択し、「伊勢志摩サミット」とご記入ください。

「寄附金申込書」

 2 納付書の送付および入金

  お申込をいただきました後、概ね2週間以内をめどに納付書を郵送しますので、その納付書を所定の金融機関にお持ちいただき、

お振り込みください。

  ※納付書の取扱が可能な金融機関は、次のとおりです。

   【県内】都市銀行、地方銀行、第二地方銀行、信託銀行、商工組合中央金庫、信用金庫、県信用農業協同組合連合会、

       農業協同組合、県信用漁業協同組合連合会、労働金庫

   【県外】百五銀行各支店、第三銀行各支店、三重銀行各支店、三菱東京UFJ銀行本支店、みずほ銀行本支店、

       りそな銀行本支店、桑名信用金庫各支店、紀陽銀行(新宮支店)、新宮信用金庫(本支店)

  ※個人の方でインターネットからお申込みいただいた場合は、それぞれ指定の方法によりお支払いください。

3 寄附金受領証明書の送付

  入金が確認できましたら、概ね2週間以内をめどに寄附金受領証明書を郵送します。

  ※納付書により納付された個人の方は、金融機関で受け取られた「納付書兼領収書」が領収書になるため、

   寄附金受領証明書は発行しておりません)。

  ※入金確認までに一定の期間を要する場合があります。

4 税制優遇

 【法人の場合】

 この寄附金は、法人税法第37条第3項第1号に規定する「地方公共団体に対する寄附金」に該当し、全額が損金算入されます

損金算入を行うにあたっては、寄附金受領証明書により税務申告を行っていただく必要があります。

【個人の場合】

 この寄附金は、所得税法第78条第2項第1号に規定する「地方公共団体に対する寄附金」に該当し、寄附金控除の対象となります

(三重県ふるさと応援寄附金(ふるさと納税))。寄附金控除を受けるには、領収書または寄附金受領証明書により確定申告を行って

いただく必要があります。

  ※確定申告が不要となる「ふるさと納税ワンストップ特例」については、寄附金申込書をご確認ください。 
 

協賛、応援、寄附の募集案内リーフレット

 

ページのトップへ戻る