現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 雇用・仕事さがし >
  4. 勤労福祉 >
  5. 三重県労働相談室 >
  6. Q1 労働時間、休日・休暇、残業について >
  7.  残業手当について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 雇用対策課  >
  4.  働き方改革・勤労福祉班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

おしごと三重

残業手当について

Q 会社に入社2ケ月。勤務時間は、朝8時40分から午後5時40分で、研修期間中は、残業代は無しといわれて、タイムカードを5時40分で押している。実際は、タイムカードを押してから残業をしている。研修期間中の残業代は、どうなのか。

A 研修期間中であっても、8時間を超えて勤務した場合は、時間外手当を支払わなければなりません。入社した4人で結束して、上司の方に話しをしてください。労基法で定められている旨を話してください。その上で聞き入れなかったら、労基署へ訴えてください。そのときは、タイムカードは5時40分になっているので、残業した証拠が必要です。4人で確認しあって、記録に残すこと。

 

【ポイント】ここを確認しましょう ▼

 研修期間中であっても、使用者との間で業務遂行上の指揮監督関係が認められ、場所的・時間的拘束が認められる場合は、労働者に該当する。〈関西医科大学事件 大阪高裁 平成14.5.9〉
従って使用者は、研修期間中であっても労働時間に対応する賃金の支払い義務があり、8時間を超えて勤務した場合は、労働基準法第37条により時間外割増賃金を支払わなければならない。
労働時間の把握については、平成13年4月6日に「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」(基発第339号)が示され、使用者は、労働時間を適正に管理するため、労働日ごとの始業・終業時刻を確認し、これを記録すること。その方法として、使用者自ら現認すること又はタイムカード等の客観的な記録を基礎として確認し、記録すること。として、労働時間の適正把握を使用者の義務としている。

   目次に戻る 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 雇用対策課 働き方改革・勤労福祉班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2454 
ファクス番号:059-224-2455 
メールアドレス:koyou@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000048036