現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 雇用・仕事さがし >
  4. 勤労福祉 >
  5. 三重県労働相談室 >
  6. Q1 労働時間、休日・休暇、残業について >
  7.  休日勤務手当について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 雇用対策課  >
  4.  働き方改革・勤労福祉班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

おしごと三重

休日勤務手当について

Q 私はある製造業の会社で働いています。1ケ月に最低1回以上の休日勤務が命ぜられますが、その手当額は全員定額制と決められています。これは問題ありませんか。

A 本来、支給されるべき休日勤務手当とは、あなたの基本賃金に対する時給賃金額の35%増以上の割増額に休日に働いた時間数を乗じた額が正当な支給額となります。
 したがって、実際に支払われた額(定額)がこの額を下回っている場合は、賃金の一部未払いとなり、労働基準法違反となります。
 但し、まずはあなたが働く会社の就業規則、労働協約でどのように規定や取り決めがされているかを確認いただくことが重要です。

 

【ポイント】ここを確認しましょう ▼

・労働時間に関しては労働基準法において、『1日8時間、1週40時間』と定められており、使用者はこの時間を超えて働かせることは原則、禁止されていますが、業務上必要である場合には「時間外勤務・休日労働に関する労使協定(いわゆる『36協定』」を締結し、労働基準監督署へ届出することで認められています。

・そのうえで、時間外勤務、休日勤務、深夜勤務を行った場合には割増賃金が支給されることになります。

次に休日勤務手当についての割増賃金について簡単にご説明いたします。

・休日勤務手当とは法定休日(週1回もしくは4週に4回の休日)に労働があったときに支給される割増賃金です。[割増率は35%以上]

・完全週休2日制の会社であっても、例えば法定休日を日曜日として就業規則で定められていた場合、土、日曜日連続で働いたとしても土曜日の分については会社側は休日勤務手当としての割増賃金を支払う必要はありません。
 この場合、日曜日が休日勤務手当の対象となります。

※但し、1週40時間労働が越える部分については、法定時間外労働としての割増賃金は支給されます。[時間外労働の割増率は25%以上です]

*今回のご質問のようなケースの休日勤務手当(試算例)
月額基本給:17万円(諸手当除く)、1年間の休日:104日、1日の所定労働時間:8時間とした場合

*算定基礎賃金…170,000円(①)
*1ケ月の所定労働日数… 
 1年間の労働日数(365-104=261日)÷12月=21.75日(②)
*1ケ月平均の労働時間数…
 8時間×21.75日=174時間(③)
*時給賃金額…
 170,000円÷174時間 = 977(円)
*割増賃金額…
 977 円 ×1.35(割増率)= 1,319(円)
    ↓
 (仮に休日に8時間働いた場合では)
 1,319円×8時間 = 10,552(円)

・上記により算定された額より実際に支給された手当の額が下回っている場合には労働基準法第36条に違反していることとなります。

[労働基準法第36条(時間外及び休日の労働)]
 使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、第32条から第32条の5まで若しくは第40条の労働時間又は前条の休日に関する規定にかかわらず、その協定で定めるところによって労働時間を延長し、又は休日に労働させることができる。
 ただし、坑内労働その他厚生労働省令で定める健康上特に有害な業務の労働時間の延長は、一日について二時間を超えてはならない。

   目次に戻る 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 雇用対策課 働き方改革・勤労福祉班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2454 
ファクス番号:059-224-2455 
メールアドレス:koyou@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000048033