現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 雇用・仕事さがし >
  4. 勤労福祉 >
  5. 三重県労働相談室 >
  6. Q4 賃金に関する事について >
  7.  解雇予告手当算定の平均賃金について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 雇用対策課  >
  4.  働き方改革・勤労福祉班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

おしごと三重

解雇予告手当算定の平均賃金について

Q 解雇予告手当の平均賃金
11月10日に解雇予告を受け、11月末で退職したものですが、給与と解雇予告手当が一緒に振り込まれたので、計算してみると少ない気がします。予告手当を計算する場合の平均賃金算出方法はどうするのか。

A 解雇前3ヶ月間の賃金の総支給額を暦の日数で割ったもの。 この場合は91日で除したもの。

 

【ポイント】ここを確認しましょう ▼

 平均賃金について労働基準法第12条は、「この法律で平均賃金とは、これを算定すべき事由の発生した日以前3箇月間にその労働者に対し支払われた賃金総額を、その期間の総日数で除した金額をいう。」と定めている。
 賃金総額には、原則として労働基準法第11条に規定する賃金のすべてが含まれる。しかし、「臨時に支払われた賃金及び3箇月を超える期間ごとに支払われる賃金並びに通貨以外のもので支払われた賃金で一定の範囲に属しないものは算入しない。」
 また、その期間の総日数とは、平均賃金の算定期間となる3カ月の総暦日数であってその期間中の労働日数ではない。なお、この期間は、「賃金締切日がある場合においては、直前の賃金締切日から起算する。」
 この場合、その期間中に休業したために賃金総額が極端に少なくなった場合について、平均賃金の下限を保障する以下のような特別の措置が設けられている。

① 「賃金が、労働した日若しくは時間によって算定され、又は出来高払制その他の請負制によって定められた場合においては、賃金の総額をその期間中に労働した日数で除した金額の100分の60」

② 「賃金の一部が、月、週その他一定の期間によって定められた場合においては、その部分の総額をその期間の総日数で除した金額と前号の金額の合算額」
 また、平均賃金算定期間の3カ月のうちに、次の期間がある場合には、算定期間からこれらの期間中の日数を、賃金総額からこれらの期間中の賃金をそれぞれ控除し、残余の期間と賃金額で平均賃金を算定する。

 一 業務上の傷病で休業した期間
 二 産前産後休業をした期間
 三 使用者の責に帰すべき事由で休業した期間
 四 育児・介護休業法に基づく育児休業または介護休業した期間
 五 試みの使用期間

   目次に戻る 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 雇用対策課 働き方改革・勤労福祉班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2454 
ファクス番号:059-224-2455 
メールアドレス:koyou@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000048068