現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 雇用・仕事さがし >
  4. 勤労福祉 >
  5. 三重県労働相談室 >
  6. Q4 賃金に関する事について >
  7.  最低賃金額の適用について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 雇用対策課  >
  4.  働き方改革・勤労福祉班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

おしごと三重

最低賃金額の適用について

Q 最低賃金はすべての労働者に適用されると聞きましたが、月額5千円~1万円の賃金しか貰っていない人もいますが、違法ではありませんか?

A 国の機関である労働局の認定(適応除外許可)を受けていれば法律違反ではありません。

 

【ポイント】ここを確認しましょう ▼

・ 最低賃金とは、最低賃金法に基づき、国が決定するもので、それに満たない賃金を支給をしている場合は違法となります。
・ 最低賃金はパート、アルバイト等を含むすべての労働者が適用になります。

【最低賃金法第2条第1項】
 労働者 労働基準法第9条に規定する労働者をいう。※労働基準法第9条:この法律で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。
【最低賃金法第5条第1項】
 使用者は、最低賃金の適用を受ける労働者に対して、その最低賃金以上の賃金を支払わなければならない。

・ 精神または身体の障害のある方、試みの使用期間中の方などについては、最低賃金をそのまま適用させない労働者として、都道府県労働局長の許可を受けることを条件として適用を除外することが認められています。

【最低賃金法第8条】
 次に掲げる労働者については、当該最低賃金に別段の定めがある場合を除き、厚生労働省令で定めるところにより、使用者が都道府県労働局長の許可を受けたときは、第五条の規定は、適用しない。
 一 精神又は身体の障害により著しく労働能力の低い者
 二 試の使用期間中の者
 三 職業能力開発促進法第二十四条第一項の認定を受けて行なわれる職業訓練の  うち職業に必要な基礎的な技能及びこれに関する知識を習得させることを内容とするものを受ける者であって厚生労働省令で定めるもの
 四 所定労働時間の特に短い者、軽易な業務に従事する者その他の厚生労働省令 で定める者

・ 最低賃金の額は、各県ごとの地域別最低賃金(例:三重県内)と特定の業務に適用される「産業別最低賃金」の2種類に分けられています。
・「産業別最低賃金」が適用される業務に従事する者であっても、18歳未満又は65歳以上の方などは「地域別最低賃金」が適用されます。

●現在の三重県内における最低賃金は以下のリンクとおりとなっています。
  三重労働局ホームページ 「三重県内の最低賃金」

   目次に戻る 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 雇用対策課 働き方改革・勤労福祉班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2454 
ファクス番号:059-224-2455 
メールアドレス:koyou@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000048070