現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 雇用・仕事さがし >
  4. 勤労福祉 >
  5. 三重県労働相談室 >
  6. Q4 賃金に関する事について >
  7.  賃金等の請求権の時効について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 雇用対策課  >
  4.  働き方改革・勤労福祉班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

おしごと三重

賃金等の請求権の時効について

Q 今日、10年間勤めた会社を辞めるのですが、これまで交通費を貰ってなかった。自分より近くの人が貰っていたので会社に請求したら「払ってなかったか?」と言うことで、それから貰うようになったが交通費などの請求はどれだけ遡って貰えるのか?

A 交通費は企業によってまちまちで就業規則等で決まっていますが、貴方の場合は賃金の一部として2年間遡って請求できます。もし会社が支払を拒否したら労働基準監督署へ訴えてください。

 

【ポイント】ここを確認しましょう ▼

① 就業規則、労働契約等によって予め支給条件が明確にされている交通費は、労働基準法11条の規定する賃金に含まれるので、賃金不払いは、労働基準法違反である。

② 労働基準法115条で退職手当を除く賃金、災害補償その他の請求権の時効は2年と定められている。なお、退職手当の請求権の時効は5年と定められている。

③ 就業規則は、労働者に周知し、いつでも見られる状態にしておくことが必要である。(労働基準法106条)周知の方法としては

 1. 常に各作業場の見やすい場所に提示または備え付ける。
 2. 各労働者に書面でわたしておく。
 3. 磁気テープ、磁気ディスクなどに記録し、各作業場に労働者がいつでも確認できる機器を設置する。


   目次に戻る 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 雇用対策課 働き方改革・勤労福祉班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2454 
ファクス番号:059-224-2455 
メールアドレス:koyou@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000048058