現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 雇用・仕事さがし >
  4. 勤労福祉 >
  5. 三重県労働相談室 >
  6. Q5 労働保険について >
  7.  社会保険、雇用保険の加入について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 雇用対策課  >
  4.  働き方改革・勤労福祉班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

おしごと三重

社会保険、雇用保険の加入について

Q 介護施設グループホームに勤務している。勤務内容は、本人11時から19時(8時間)火曜日は、11時から21時(10時間)その他9時から13時(木、金、土)、9時から17時。月間勤務が、27日から28日になる。以上の勤務状況にあるのだが、社会保険(健保、厚生)、雇用保険の加入をお願いしても入れてもらえない。どうしたらよいか。

A 社会保険、雇用保険の加入について、ねばり強く行政の窓口(社会保険事務所、ハローワーク)等へ訴え、行政指導をしてもらって下さい。

 

【ポイント】ここを確認しましょう ▼

 期間を定めて雇用される者や労働時間等が正社員よりも短いパ-トタイマ-に社会保険と労働保険が適用されるかどうかについては、まずパ-ト等が雇用される事業所がその適用事業所であるかどうかが問題となります。パ-ト等が加入要件を満たしている場合にも、雇用される事業所が適用事業所として届出し適用されているかどうかです。
 常時5人以上の労働者を雇用する個人事業所(一部の業種を除く)と法人の事業所は社会保険の強制適用事業所となります。適用事業所に雇用される労働者は、本人の意思にかかわらず、法律上当然に社会保険の被保険者となります。

○  社会保険は、一般社員の勤務日数及び勤務時間の3/4以上でなければ加入の必要はありません。この基準は具体例として、一般社員の所定労働時間社会保険は、一般社員の勤務日数及び勤務時間の3/4以上でなければ加入の必要はありません。この基準は具体例として、一般社員の所定労働時間が1日8時間、1週40時間、1ヶ月の所定労働日数が20日の事業所の場合、所定労働時間が6時間以上、又は週30時間以上で1ヶ月の所定労働日数が15日以上の者については社会保険に加入させなければならないという事になります。

○  雇用保険は、厚生労働大臣が定める時間数(30時間未満)である者を短時間労働者として(同法第6条第1項の2)定めており、週の所定労働時間数が20時間以上30時間未満は短時間勤務者として適用されます。短時間勤務者の場合は、1年以上引き続き雇用されることが見込まれる事となります。


   目次に戻る 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 雇用対策課 働き方改革・勤労福祉班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2454 
ファクス番号:059-224-2455 
メールアドレス:koyou@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000048073