現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 雇用・仕事さがし >
  4. 勤労福祉 >
  5. 三重県労働相談室 >
  6. Q6 その他 >
  7.  雇用保険の適用について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 雇用対策課  >
  4.  働き方改革・勤労福祉班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

おしごと三重

雇用保険の適用について

Q 定年後60歳から64歳になるまで、同じ会社で現在に至るまで働いていたのですが、雇用保険は貰えるのか。

A もらえます。それと、高齢者雇用継続給付金は貰っていましたか?もし、貰っていなかったら、それも同時に受給手続きをしてください。

 

【ポイント】ここを確認しましょう ▼

雇用保険法 第1条
 雇用保険は、労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に必要な給付を行うことにより、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、求職活動を容易にする等その就職を促進し、あわせて、労働者の職業の安定に資するため、失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉を図ることを目的とする。

雇用保険法 第4条2項
 この法律において「失業」とは、被保険者が離職し、労働の意思及び能力を有するにもかかわらず、職業に就くことができない状態にあることをいう。

と定義されておりますから、受給資格(離職の日以前1年間に規定による賃金の支払い期間があること)を有しており、失業していることについての認定をうければ受給できます。手続きは、離職後、離職票を持参し、公共職業安定所に出向き求職の申し込みをします。

 受給できる基本手当は、原則として離職した直前の6カ月間に支払われた賃金により算出します。
 60歳以前も働いておられ、平成7年4月1日以降15年4月30日までに60歳に到達し、その後離職した場合、最初に基本手当を受給する際に、離職した場合における賃金日額と60歳到達時における賃金日額を比較し、高い方の賃金日額により基本手当日額を算出します。
 基本手当の支給を受けることのできる日数は、被保険者であった期間により異なり90日から150日です。
 離職理由が厚生労働省令で定める事由に該当する場合は別に定められています。

 

一般受給資格者

被保険者であった期間

支給日数

10年未満

90日

10年以上20年未満

120日

20年以上

150日

 

   目次に戻る 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 雇用対策課 働き方改革・勤労福祉班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2454 
ファクス番号:059-224-2455 
メールアドレス:koyou@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000048089