現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 雇用・仕事さがし >
  4. 勤労福祉 >
  5. 三重県労働相談室 >
  6. Q6 その他 >
  7.  労働者派遣法について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 雇用対策課  >
  4.  働き方改革・勤労福祉班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

おしごと三重

労働者派遣法について

Q ある人材派遣会社に登録し、現在、同じ派遣先で働いて2年目になります。当初、派遣先からは「1~2年経ったら正社員にする」と言われたけど、一向に(正社員に)してもらえません。逆に派遣元では「そんな契約はしていない」と言われました。
 今後のことが不安で仕方ありません。派遣法とはどういう内容ですか?

A 労働者派遣法では、業務の種類によって派遣期間の定めがあり、従来、原則として「1年」とされていたのが、最長で3年間まで可能となるよう法改正がなされました。
  またこの法改正に合わせ、3年以上継続して雇用された派遣労働者に対しては直接雇用契約の申し込み義務が派遣先に課せられました。但し、継続雇用期間が3年に満たないままに派遣契約が解除された場合にはその適用は受けられません。
 今回のケースでは正社員化に対する契約条項の有無及びその内容を派遣元の会社に対して確認していただくことが重要となります。

 

【ポイント】ここを確認しましょう ▼

 労働者派遣業の適正な運営確保、派遣労働者の就業条件の整備、雇用の安定、福祉の増進に資することを目的として昭和60年に施行された「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(労働者派遣法)」が、平成16年3月1日に改正されています。

この改正での主な内容は以下の10項目となります。

(1)派遣受入期間の延長
(2)派遣労働者への直接雇用の申込み義務
(3)派遣対象業務の拡大
(4)許可・届出手続等の簡素化等
(5)労働者派遣事業の許可の欠格事由の追加
(6)紹介予定派遣の見直し
(7)派遣労働者の雇用の安定を図るための措置
(8)派遣労働者の安全衛生の追加等
(9)派遣元責任者に係る手続きの簡素化
(10)派遣元事業主・派遣先が講ずべき措置等

 ここでは今回ご質問をいただきました内容に関連する上記(1)、(2)及び(3)について以下に詳しく説明します。

(1)派遣受入期間の延長
 ・派遣期間がこれまで1年間と制限されてきた業務については、1年を超えて派遣される場合、派遣先会社の労働者過半数で組織する労働組合に対して、期間延長の時期等についての意見を十分に聴取し、考慮することを条件に、最長で3年間まで可能であると改正されました。
 ・また派遣元の事業主は、派遣労働者に対して、派遣期間を事前に明示し、派遣の停止にあたっても事前に通知しなければいけなくなりました。

(2)派遣労働者への直接雇用の申込み義務
 ・派遣期間後(最長で3年)も同じ派遣労働者を使用しようとする派遣先の事業主は、期間前日までに派遣労働者に対して雇用契約の申込みをしなければいけません。つまり、ひとつの会社で3年を超えて派遣されることはなく、4年目以降も同じように働いてもらうならば、派遣社員ではなく直接雇用されることになります。
 ・また最長3年という派遣期間の制限がない業種でも、3年以上派遣されている労働者がいるのにさらに別の新たな労働者を雇入れようとする場合、現在、派遣されている労働者に対して直接雇用を申し込まなければなりません。
 ・これら「直接雇用の申込み義務」に違反した場合、その事業主に対しては国が指導し、勧告・企業名公表される場合もあります。

(3)派遣対象業務の拡大
 ・これまで、直接雇用以外では、請負業務による場合しか働けなかったものづくりの現場である「製造業」にも派遣労働が可能と範囲拡大されました。但し、派遣期間については平成19年2月末までは1年間となります。
 ・なお、現在、労働者派遣事業がおこなうことが認められていないのは次の4業種になっています。
 (1)港湾運送業務
 (2)建設業務
 (3)警備業務
 (4)病院における医療関連業務(※紹介予定派遣以外の派遣の場合)

[※紹介予定派遣とは]
 労働者派遣のうち、労働者派遣事業と職業紹介事業の双方の許可を受け又は届出をした者が派遣労働者・派遣先の間の雇用関係の成立のあっせん(職業紹介)を行ない、又は行うことを予定してするもの。

 その他、平成16年の法改正では、「派遣労働者の安全衛生の確保」「労働・社会保険の適用促進」「福利厚生等に係る均衡配慮等」も盛り込まれています。
詳しい内容につきましては、お近くのハローワークまたは労働基準監督署にお問い合わせ願います。

【今回、参考引用させていただいた資料】
「改正労働者派遣法の概要 ~平成16年3月1日から労働者派遣法が変わります~」
(厚生労働省・都道府県労働局 発行)

 

   目次に戻る 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 雇用対策課 働き方改革・勤労福祉班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2454 
ファクス番号:059-224-2455 
メールアドレス:koyou@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000048080