現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究情報 >
  6. 今日のイセエビ >
  7.  今日のイセエビ(H28-01)研究所生まれの稚エビが増えてきました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

今日のイセエビ(H28-01)

研究所生まれの稚エビが増えてきました(2月3日)

  昨年に生まれたイセエビ幼生の飼育から稚エビにまで成長した個体が、少しずつですが増えてきました。と言ってもまだ7個体ですが。

水槽

 

 

稚エビを飼育している水槽。1つの篭に稚エビが1個体入っています。

 

 

 

 今年度のイセエビ幼生の飼育研究では、実験の途中で病気が発生してしまい、生残率が低下してしまいましたが、まだ100個体以上の幼生で実験を継続中ですので、これからも少しずつですが稚エビの数は増えていくと思います。

イセエビ稚エビ

 

 

 飼育中のイセエビ稚エビ。2cmくらいでかわいいです。稚エビになると手で触っても大丈夫。

 

 

  昨年は、日本で初めて稚エビの試験放流を行いました。今年も試験放流を継続したいと思っています。そのために、少しでも多くの個体が稚エビになってほしいと思っています。

 さらに詳しく (研究成果など)

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000185674