現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究情報 >
  6. 今日のイセエビ >
  7.  今日のイセエビ(2015年4月24日)海老菜が2回目の脱皮
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

今日のイセエビ(4月24日)

海老菜が2回目の脱皮をしました。

  4月23日に海老菜が脱皮しました。前回の脱皮4月11日の12日後でした。脱皮前の体長より5㎜大きくなり、約32㎜になりました。

#

 

 

 

海老菜(下)と脱皮殻

 

 

イセエビは、通常は夜間に脱皮しますので、実際には4月22日から23日にかけての夜間に脱皮したと思われます。脱皮の直後のイセエビは、体がとても柔らかく、他の生きものに攻撃されやすいので、攻撃を受けにくい夜間に脱皮すると考えられています。

 お兄さんの海老之介も近々脱皮してくれると思います。無事脱皮してくれるといいのですが。

 

 さらに詳しく (研究成果など)

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000117199