現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究情報 >
  6. 今日のイセエビ >
  7.  今日のイセエビ(2015年5月14日)イセエビの親エビ飼育中
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

今日のイセエビ(5月14日)

イセエビの親エビ飼育中

  イセエビ幼生の飼育実験に用いるふ化幼生を得るために、親エビを研究所で飼育しています。

 #

 

 

 

飼育している親のイセエビ

 

 

 

これらのイセエビは、自然より早く産卵させるために、4月初旬から加温(24℃)・長日(明期16時間)条件で飼育していたもので、4月20日前後に産卵し、現在、雌エビは抱卵中です。生み出されたイセエビの卵は、水温24度では1ヶ月と少しすればふ化しますので、予想では来週の後半以降に幼生がふ化してきます。

#

 

 

 抱卵中の雌エビ。1個体で約50万個の卵が産卵され、抱卵されています。

 

 

幼生がふ化すると飼育実験を開始する計画であり、現在実験の準備を行っているところです。

 

 さらに詳しく (研究成果など)

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000066226