現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究情報 >
  6. 今日のイセエビ >
  7.  今日のイセエビ(2015年6月10日)イセエビ幼生が2回目の脱皮で3令へ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

今日のイセエビ(6月10日)

イセエビ幼生が2回目の脱皮で3令へ

  5月25日生まれのイセエビ幼生(フィロソーマ)がほぼ2回目の脱皮を終えました。これまではへい死もほとんどなく、飼育は順調です。体長も約2mmから一回り大きくなり、約2.5mmとなりました。

イセエビをはじめとする甲殻類では、脱皮と脱皮の間を「令」と呼びます。ふ化した時の幼生は、次の脱皮までは最初の「令」を過ごしているので「1令幼生」と呼びます。ですから、2回脱皮した今の幼生は「3令幼生」となります。

 #

 

 

脱皮して大きくなった3令幼生(左)と2令幼生(右)。大きくなったと言っても微妙ですね。

 

 

 

もうしばらくは1週間に1度の頻度で脱皮してどんどん大きくなります。脱皮間隔は次第に長くなりますが、幼生期の間に約25回脱皮して体長30mmにまで大きくなり、次の段階プエルルスになります。その後は約2週間で稚エビに到達します。水産研究所の飼育の当面の目標は、できるだけ多くの稚エビを生産する技術を開発することです。

 

 さらに詳しく (研究成果など)

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000066441