現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 漁海況情報 >
  6.  カツオ来遊動向予測
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平成27年6月24日発行

カツオ来遊動向の予測 

常磐・三陸沖漁場における2015年夏・秋季のカツオ来遊動向予測

平成27年6月19日に、国立研究開発法人水産総合研究センター国際水産資源研究所、各県水産試験場等が情報を持ち寄り、カツオの長期来遊資源動向に関する検討会を行いました。ここでとりまとめられた2015年夏・秋季における常磐・三陸沖のカツオ来遊動向予測について、その概要を紹介します。
 ※ なお、この内容は平成27年6月24日に水産庁よりプレスリリースされたものです。

カツオ

カツオ(東紀州のお魚百科より)

常磐・三陸沖漁場に来遊するカツオ資源

夏・秋季の常磐・三陸沖漁場には、体長30cm台後半(1歳弱)以降のカツオが来遊し、漁獲対象となります。これまでの放流調査等から、常磐・三陸沖漁場へのカツオ来遊経路は、①黒潮沿いに北上する経路、②伊豆・小笠原列島沿いに北上する経路、③伊豆諸島東沖を北上する経路(①~③は図1の番号と対応)があると考えられています。

#

図1. カツオの主要な北上ルート

予測される来遊資源量(図2)

常磐・三陸沖における2015年6月~11月の来遊資源量は、「昨年を上回り、過去10年平均を下回る見込み。

(解説)

これまでの調査結果によれば、5月上旬~下旬の竿釣船のCPUE(1日1隻当たり漁獲量)と、6月以降の常磐・三陸沖漁場における竿釣船のCPUEとの間に有意な相関関係があることがわかっています。この関係を用いて、本年の常磐・三陸沖漁場における6月以降の来遊資源量を予測すると、図2に示す通り、「昨年を上回り、過去10年平均を下回る水準」と予測されました。なお、2014年の中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)科学委員会においては、「中西部太平洋のカツオ資源状態には問題がない」とされていますが、赤道域における高い漁獲が、カツオ資源の分布水域を減少させ、その結果、高緯度海域(日本近海)における利用の減少が懸念されています。このことから、資源状態と日本近海への来遊動向を引き続き注意深く見守っていく必要があります。

 #

 図2.過去10ヶ年の6~11月の近海竿釣船によるCPUE(1日1隻あたりの漁獲量)および予測された2015年のCPUE水準。図中の点線は過去10年間(2005~2014年)の平均値、横棒は95%予測区間を示す。 

予測される主分布域 (図3)

カツオは主に黒潮系暖水の張り出し及び暖水塊の北縁部西寄りに分布する傾向があります。常磐・三陸沖における6月以降の海況予報(水産総合研究センター中央水産研究所)によれば、近海の黒潮続流の北限位置はやや北偏~平年並で推移、黒潮系暖水の張り出しは、近海でやや北偏、沖合では北偏傾向で推移する見込みです。また、親潮第1分枝は平年並みで推移すると予測されています。こうした海況予報から予測される漁場位置は以下(図3)のとおりです。(漁場位置の(1)~(3)は図3の番号に対応)

漁場位置(1)

 7~8月:38°00′N、142°00'E~39°00′N、145°00'E付近

        (金華山東方50km~綾里埼東方250km沖)

 9~11月:39°00'N、142°00′E~40°00′N、145°00'E付近

              (綾里埼東方50km~黒埼東方250km)

漁場位置(2)

 7~8月:37°00'N、145°00′E~39°00'N、148°00'E付近

             (塩屋埼東方400km~綾里埼東方500km)

  9~11月:38°00'N、145°00′E~40°00′N、148°00'E付近

             (金華山東方300km~黒埼東方500km沖)

漁場位置(3)

 7~8月:39°30′ N、148°00'E~40°30′N、150°30′E付近

            (トドヶ埼東方500km~鮫角東方750km)

 9~11月:40°30′N、148°00'E~41°30′N、150°30′E付近

               (鮫角東方550km~襟裳岬東方600km沖)

#

  図3.2015年7月~11月のカツオ主分布域予測  

予測される魚体

6月上旬現在、尾叉長50cm(体重2.5kg前後)の個体が漁獲サイズの中心となっています。過去の体長組成の季節的推移から、南下する秋には体長53cm前後、体重3.0kgを超える個体が中心となる見込みです。

  ※この予測は、水産庁の国際資源評価等推進委託事業の一環として実施しています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000065813