現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究情報 >
  6. 今日のイセエビ >
  7.  今日のイセエビ(2015年8月11日)人工生産した稚エビを初めて放流
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

今日のイセエビ(8月11日)

人工生産した稚エビを初めて放流しました

  8月10日に、水産研究所で生産した稚エビ(体長8~12cm)を放流しました。人工的に生産した稚エビを放流するのは、日本では初めて、世界的にも例がないものです。放流した稚エビは、昨年(平成26年)の4月にふ化し飼育していたもの25個体です。 

 #

 

 

放流した稚エビ(水槽に入れて運んでいるところです)

 

 

 

放流方法は、研究員2名が潜水して稚エビを丁寧に海底まで持っていき、1個体ずつ放流するというもので、13個体は天然の岩礁の上部に載せ、自由に行動させました。残りの個体は、あらかじめ設置しておいたコンクリートブロックの穴に入れ、落ち着かせるという方法をとりました。自由に行動させた個体もすぐに岩の割れ目などに身を隠し、天然の稚エビが行うような触角を前に突き出して、警戒姿勢をとりました。

#

 

 

放流地点に設置したブロックにいる稚エビ

 

 

 

 

 今回の放流は25個体と少ないですが、今回試験放流が行えたのは幼生飼育研究が向上した証であり、研究の歴史の足跡の1つになるものと思っています。

 今回放流した稚エビの多くは、1~2年で漁獲サイズに到達しますので、どれくらい再捕されるか今から楽しみです。

 

 さらに詳しく (研究成果など)

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000065858