現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究情報 >
  6. 今日のイセエビ >
  7.  今日のイセエビ(2015年9月11日)イセエビ幼生の人工飼料の実験開始
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

今日のイセエビ(9月11日)

イセエビ幼生の人工飼料の実験を始めました

  イセエビ幼生の飼育研究を進めている水産研究所ですが、課題の1つに飼育の効率化があります。現在は、給餌している生物餌料(アルテミアとムラサキイガイ生殖腺)の調達や、飼育水槽の管理などに手間とコストがかかっており、それをいかに削減していくかが重要になっています。中でも、餌の調達にかかる労力とコストが大きく、簡単に低コストで作製できる人工飼料の開発が不可欠です。

 水産研究所では、2年前に日本で初めて、単独給餌でイセエビ幼生を成長させることができる人工飼料の開発に成功しましたが、まだ生物餌料を給餌した場合と比較して成長が劣るという欠点があります。今年度は、人工飼料を作製する原料をいろいろと検討し、人工飼料の質の改善・}る計画で、その実験を最近始めました。さて、上手くいくでしょうか。

#

 

 

 ちょっと見にくいですが、水槽の中に浮いている茶色く細長いのがイセエビ幼生に給餌している人工飼料です。

 

 

 

 さらに詳しく (研究成果など)

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000066331