現在位置:
  1. トップページ >
  2. 組織・業務 >
  3.  地域事務所 >
  4. 伊賀建設事務所 >
  5. 管内・事業概要 >
  6.  建設事務所の概要:主要事業個表
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  建設・流域下水道事務所  >
  3. 伊賀建設事務所  >
  4.  事業推進室(工事統括課) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

1.道路事業

事業名 一般国道422号(三田坂バイパス)道路改良事業
施工箇所 伊賀市諏訪~三田 地内 (事業箇所図)
事業期間 平成8年~平成29年(予定)
事業目的

 一般国道422号は、中南勢地域と東紀州地域を南北に縦貫する幹線道路です。

 当該事業区間は、幅員狭小・線形不良な未改良区間で、大型車の通行規制(路線バス除く)・異常気象時通行規制区間であるため、通勤者及び通学者等の安全で円滑な通行に支障をきたしています。

 このため、この区間のバイパス整備を行い幹線道路としての機能と安全の確保をするため事業を実施しています。

 

施工内容 延長  5,100m  幅員 6.5(12.00)m
(仮称)三田坂トンネル 1,528m  橋梁工 8橋
写真

 【トンネル終点部】             【トンネル起点部】

 R422三田坂バイパス  R422三田坂バイパス

 

 R422三田坂バイパス  R422三田坂バイパス
 

戻る
 
事業名 一般国道368号(大内拡幅)道路改良事業
施工箇所 伊賀市守田町~菖蒲池 地内 (事業箇所図)
事業期間 平成18年~
事業目的

 一般国道368号は、伊賀市を起点とし名張市を経て多気郡多気町に至る道路です。

 当該事業区間である名阪国道上野インターチェンジから、伊賀市菖蒲池内旧道交差点までにおいては、朝夕を中心に交通混雑が激しくなっています。

 このため、現在の2車線道路から4車線道路へ改良を行い、円滑な交通確保をするため事業を実施しています。

 

施工内容

延長 5,100m  幅員 13.0(20.0)m

写真
 R368 大内拡幅  R368 大内拡幅
 
戻る
事業名 一般国道368号(伊賀名張拡幅)道路改良事業
施工箇所 伊賀市菖蒲池~名張市蔵持町原出 地内 (事業箇所図)
事業期間 平成21年~
事業目的

 一般国道368号は、伊賀市を起点とし名張市を経て多気郡多気町に至る道路です。

 当該事業区間である伊賀市菖蒲池内旧道交差点から、名張市蔵持町原出地内の交差点まで、朝夕を中心に交通混雑が激しくなっています。

 このため、現在の2車線道路から4車線道路へ改良を行い、円滑な交通確保をするため事業を実施しています。

 

施工内容 延長 L=9,100m  幅員 13.0(20.0)m
写真

 
   一般国道368号(伊賀名張拡幅)  一般国道368号(伊賀名張拡幅)
 

戻る
事業名 一般国道368号(上長瀬拡幅)道路改良事業
施工箇所 名張市長瀬~名張市上長瀬 地内 (事業箇所図)
事業期間 平成22年~
事業目的

 一般国道368号は、名張市を南北に貫く重要な路線ですが、長瀬地内は道幅が狭く、安全で円滑な通行に支障をきたしています。

 このため、道路を拡幅し交通の円滑化をするため事業を実施しています。

 

施工内容 延長 2,000m  幅員 6.0(9.75)m
橋梁工 3橋
写真
 一般国道368号(上長瀬拡幅)  一般国道368号(上長瀬拡幅)
 
戻る
 
事業名 主要地方道上野名張線道路改良事業
施工箇所 伊賀市上神戸~名張市新田 地内 (事業箇所図)
事業期間 平成13年~
事業目的

 当該路線は、伊賀市と名張市を結ぶ主要な道路で、一般国道368号と422号を結んでいることから、地域住民の重要な生活道路となっています。しかし、線形が悪く、幅員が狭小で、歩道が設置されていないことから円滑な通行に支障をきたしています。

 このことから、円滑な交通確保をするため事業を実施しています。

 

施工内容 延長  2,250m  幅員 6.0(11.0)m  橋梁  2橋
写真  上野名張線  上野名張線
 
戻る
 
事業名 一般県道信楽上野線(新服部橋)道路改良事業
施工箇所 伊賀市平野清水~服部町 地内 (事業箇所図)
事業期間 平成21年~
事業目的

 当該路線は、名古屋・四日市方面から、奈良・京都を結ぶ路線であり、交通量も多く、新服部橋周辺は歩行者も多い状況です。しかし、当該橋梁は路肩幅員が狭く歩道も設置されていないこと、床版の損傷も激しいことから、早期の抜本的な改良を実施することが求められています。

 このことから、当該橋梁の架け替え、歩道設置を含めた整備をすることにより、安全で快適な交通を確保するため事業を実施しています。

 

施工内容 延長 480m  幅員 6.0(12.0)m
写真

 
 信楽上野線 新服部橋   信楽上野線 新服部橋
 

戻る
 
事業名 一般県道上笠間八幡名張線道路改良事業
施工箇所 名張市薦生~八幡 地内 (事業箇所図)
事業期間 平成22年~
事業目的

 当該路線は、名張市と名阪国道を結ぶ道路となっていることから交通量も多く、また小学校の通学路となっていますが、幅員が狭く円滑な交通に支障が生じています。

 このことから、道路を拡幅し、交通の円滑化と歩行者の安全確保のため事業を実施しています。

 

工内容 延長 640m  幅員 6.0(9.75)m
写真


  上笠間八幡名張線  上笠間八幡名張線
 

戻る
 
事業名 主要地方道名張曽爾線災害防除事業
施工箇所 名張市中知山~青蓮寺 地内 (事業箇所図) 
事業期間 平成21年~
事業目的

 当該路線は、三重県名張市と奈良県曽爾村を結ぶ重要な路線であるとともに、沿線は室生赤目国定公園の景勝地であり観光シーズンには多くの来訪者で賑わっています。しかし、沿道は急峻な地形で、法面崩落の危険度が高いことから雨量規制区間に指定しています。

 このことから、落石対策工など防災対策を行うことにより、交通の安全確保をするため事業を実施しています。

 

施工内容 落石防止網工、ロープ掛工
写真

  
 名張曽爾線  名張曽爾線
 

戻る
 

2.河川事業

事業名 一級河川木津川河川改修事業
施工箇所 伊賀市下神戸 地内他 (事業箇所図)
事業期間 昭和30年~
事業目的

 一級河川木津川は淀川水系に属しており、京都府・大阪府を経て大阪湾に流れる大河川です。三重県では河道の改修や、橋や井堰など横断構造物の改築により、流域を洪水による被害から守るため事業を実施しています。

 

施工内容 延長 11,400m
写真

 
 木津川河川改修  木津川河川改修
 

戻る

3.砂防事業

事業名 河内谷川 砂防事業
施工箇所 伊賀市西山 地内 (事業箇所図)
事業期間 平成22年~平成27年(予定)
事業目的

 近年、流域が著しく荒廃し、放置すれば、下流に著しい土砂災害を及ぼす恐れがあるため、下流集落の保全をするため事業を実施しています。

 

施工内容

堰堤工 2基

写真

  
 河内谷川  河内谷川
 

戻る
事業名 夏秋地区急傾斜地崩壊対策事業
施工箇所 名張市夏秋 地内 (事業箇所図)
事業期間

平成23年~平成29年(予定)

事業目的

 当該地区は、人家の背後に急傾斜が近接し、また、斜面の上部にも人家が存在しており、がけ崩れを起こす危険性を有しています。

 このことから、安全な生活を確保するため事業を実施しています。

 

施工内容 延長 577m  もたれ式擁壁工、吹付法枠工
写真

 
 夏秋地区急傾斜  夏秋地区急傾斜
 

戻る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 伊賀建設事務所 事業推進室(工事統括課) 〒518-8533 
伊賀市四十九町2802(伊賀庁舎6階)
電話番号:0595-24-8217 
ファクス番号:0595-24-8241 
メールアドレス:gkenset@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000012637