現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 健康 >
  4. 健康づくり >
  5. さまざまな取組・トピックス >
  6.  三重県での活動
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 医療政策課  >
  4.  医務・県立病院・看護大学班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

健康・医療・福祉 総合情報

三重県での活動内容

平成13年

5月11日 熊本地方裁判所において、「旧厚生省が、昭和35年以降、隔離政策の抜本的な変更等を怠ったこと、また国会議員が昭和40年以降に、法の隔離規定を改廃しなかったこと」についての責任を認めた判決がなされた
5月23日 5月11日の判決に対して、国が控訴しなかったことを決定
6月4日 鳥取県知事が定例記者会見において、近くハンセン病療養所を訪問し、おわびする意向を表明
6月6日 鳥取県知事のハンセン病患者に対する謝罪方針の表明を受け、三重県知事の定例記者会見の中で、三重県も何らかの形でおわびしてしかるべきであるが、知事が直接「おわび」にいくかどうかについては決めていないと回答
6月7日 国立駿河療養所(静岡県)を慰問(職員)
6月11日 国立療養所栗生楽泉園(群馬県)を慰問(職員)
6月12日 国立療養所多摩全生園(東京都)を慰問(職員)
6月13日 国立療養所東北新生園(宮城県)を慰問(職員)
6月21日 三重県6月議会において、真弓議員が、ハンセン病患者に対し、強制隔離を現場で担ってきた県の責任などについて質問があり、知事は、県としておわびしてしかるべきであるが、直接おわびするかどうかは元患者の方々の意向を聞いたうえで検討すると回答した
6月22日 健康福祉環境常任委員会において、ハンセン病の患者・元患者に対する知事のおわびについて質問があり、「近いうちに、知事のメッセージを持って部長他職員が慰問に行く」と回答した
「ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給に関する法律等」の公布、同日施行。過去に入所されていた方々のうち、申請された者に対し、800万円から1400万円の補償を実施(5年以内)
6月24日~ 「ハンセン病を正しく理解する週間」において、国(財団法人藤楓協会)から配布のあったポスター、パンフレットを保健所、市町村に配布
7月3日 国立療養所長島愛生園(岡山県)および邑久光明園(岡山県)へ、知事のメッセージ伝達(鈴木健康福祉部長、城健康対策課長、職員)
8月28日 神山復生病院(静岡県)、国立駿河療養所(静岡県)へ、知事のメッセージ伝達(青木健康福祉部長、城健康対策課長、職員)
9月5日 国立療養所多摩全生園(東京都)へ、知事のメッセージ伝達(陣田健康福祉部次長、職員)
9月6日 国立療養所栗生楽泉園(群馬県)へ、知事のメッセージ伝達(陣田健康福祉部次長、職員)
9月19日 国立療養所菊池恵楓園(熊本県)へ、知事のメッセージ伝達(職員)
9月26日 国立療養所東北新生園(宮城県)へ、知事のメッセージ伝達(職員)
以上、三重県出身者への伝達完了
10月5日 厚生労働省主催のハンセン病問題主管課長会議が、何十年ぶりに開催。今後の都道府県の対応について、国から大きく5つの要望が出された。
10月16~18日 国立駿河療養所(静岡県)三重県人会の里帰り事業を実施
11月17、18日 第2回みえ人権フォーラムで、ハンセン病に関するパネル展示を実施
12月26日 国は、療養所未入所者および入所者の遺族に対し、補償することを表明(以後、提訴等により補償が約束される)
平成14年 3月14、15日 ハンセン病人権講演会を県職員、市町村職員、一部の医療団体を対象に、県庁講堂で実施
3月18日 国立療養所菊池恵楓園を慰問(職員他)
3月19日 国立療養所長島愛生園、邑久光明園を慰問、来年度の里帰り事業について、要望を聴取
4月1日 「ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給に関する法律等」の改正により、療養所退所者に対し、退所時一時金の支給、退所後の毎月の生活費の支給および遺骨の改葬費の支給も行われることとなった
4月19日 三重県作成の普及啓発用パンフレットを県内全高校生、県民局、市町村等へ配布
5月9~11日 日本ハンセン病学会が、静岡県で開催。学会が、元患者に対し、謝罪声明を決議した。
5月20~22日 国立療養所長島愛生園(岡山県)三重県人会の里帰り事業を実施
6月17日 三重県作成の普及啓発用ポスターを県内全高校、県民局、市町村等へ配布
6月23日~ 「ハンセン病を正しく理解する週間」実施(関係資料を事前に、関係機関へ送付済み)
7月2、3日 国立療養所栗生楽泉園慰問(職員他)
8月1、2日 国立療養所邑久光明園、長島愛生園慰問(部長、職員)
8月26~30日 ハンセン病夏期大学講座に職員を派遣
9月9~10日 瀬戸内三園ハンセン病協議会が岡山で開催(三重県2名出席)
10月1日 三重県ハンセン病関係資料作成委員会の隔離政策検証事業開始
10月9~11日 国立療養所邑久光明園の里帰り実施
10月28~30日 国立療養所栗生楽泉園の現地調査実施(委員会)
11月10日 三重県男女参画センタ-多目的ホ-ルにおいて、「ハンセン病・人権のつどい」を開催(講演、シンポジウム)
11月13日 国立療養所東北新生園慰問(担当)
11月16、17日 第3回みえ人権フォーラムでのハンセン病を中心としたパネル展実施
12月20日 三重県津庁舎において、県市町村職員を対象とした業務担当者研修会実施
平成15年 1月23日 昭和46年頃からハンセン病療養所入所者の支援を続け、平成14年秋の叙勲を受章された寺田一郎氏の祝賀会へ出席(部長、マネージャー他)
2月5~7日 国立療養所長島愛生園及び同立邑久光明園での現地調査(委員会)
2月17、18日 国立療養所長島愛生園及び同立邑久光明園へ、保健福祉部職員の現地研修実施
3月24~26日 国立療養所菊池恵楓園及び同立星塚敬愛園の現地調査実施(委員会)
4月15~17日 国立駿河療養所三重県人会の里帰り実施
5月14~16日 国立療養所長島愛生園三重県人会の里帰り実施
7月11日 日本ハンセン病学会において、三重県の無らい県運動等について発表(委員会)
6月22~28日 ハンセン病を正しく理解する週間での啓発事業(三重県庁県民ホールでのパネル展等)
9月8~9日 瀬戸内三園ハンセン病協議会が岡山で開催(三重県1名出席)
10月2日 三重県教育センターにおいて、新人教諭等に対し、ハンセン病講演実施(講師:ボランティア)
10月28~30日 国立療養所邑久光明園三重県人会の里帰り実施
10月末 国立駿河療養所入所の1名が三重県に社会復帰
11月3、4日 一志町のボランティアにより、国立療養所長島愛生園の全盲の入所者を個別に里帰り及び講演実施(三重県協力)
11月6日 伊勢女子高校での出前講演実施
11月10、11日 国立療養所多磨全生園及び同立栗生楽泉園を訪問(部長他)
11月17、18日 国立療養所長島愛生園及び同立邑久光明園を訪問(総括M、ボランティア他)
11月19日 私立神山復生病院及び国立駿河療養所を訪問(部長他)
12月16日 国立療養所東北新生園を訪問(担当、元担当職員)
平成16年 1月26日 国立療養所菊池恵楓園を訪問(担当他医療関係職員)
4月14日 野呂知事が、はじめて三重県知事として国立療養所長島愛生園、邑久光明園を訪問
納骨堂での献花(長島愛生、邑久光明園と植樹(長島愛生)を行う
4月19~22日 国立療養所長島愛生園三重県人会の里帰り実施
5月17~20日 国立駿河療養所三重県人会の里帰り実施
6月29日 国立駿河療養所を訪問(部長他)
10月26~29日 国立療養所邑久光明園三重県人会の里帰り実施
12月13、14日 国立療養所栗生楽泉園、国立療養所東北新生園を訪問(担当者)
平成17年 3月9日 国立療養所多磨全生園を訪問(担当者)
3月16日 私立神山復生病院を訪問(担当者)
3月28、29日 国立療養所菊池恵楓園を訪問(担当)
4月13~15日 国立療養所長島愛生園三重県人会の里帰り実施
5月11~13日 国立療養所邑久光明園三重県人会の里帰り実施
5月18~20日 国立駿河療養所三重県人会の里帰り実施
7月8日 国立療養所長島愛生園、邑久光明園を訪問(部長他)
9月16日 国立療養所菊池恵楓園を訪問(室長他)
9月28日 国立療養所多磨全生園を訪問(担当者)
10月28日 国立駿河療養所を訪問(GL他)
11月26日 国立療養所東北新生園を訪問(担当者)
12月3、4日 国立療養所長島愛生園三重県人会の個別里帰り実施(2名参加)
平成18年 1月21、22日 「みえ人権フォーラム」でのハンセン病を中心としたパネル展実施
3月27日 国立療養所栗生楽泉園を訪問(担当者)
4月11~14日 国立療養所長島愛生園三重県人会の里帰り実施
4月24~27日 国立駿河療養所三重県人会の里帰り実施
5月23~26日 国立療養所邑久光明園三重県人会の里帰り実施
10月3日 胎児等合同慰霊祭への出席(国立療養所邑久光明園)
11月10日 国立療養所栗生楽泉園を訪問(担当者)
10月15日 国立療養所東北新生園を訪問(担当者)
11月20~ 国立療養所長島愛生園三重県人会の個別里帰り実施(1名参加)
22日
12月10日 「みえ人権フォーラム」でのハンセン病を中心としたパネル展実施
12月5日 国立療養所菊池恵楓園を訪問(担当者)
平成19年 3月20日 国立駿河療養所を訪問(担当者)
4月9~11日 国立療養所長島愛生園三重県人会の里帰り実施
4月19日 国立療養所多磨全生園を訪問(室長他)
6月18~21日 国立療養所邑久光明園三重県人会の里帰り実施
10月12日 国立駿河療養所を訪問(担当者)
11月12~15日 国立駿河療養所三重県人会の里帰り実施
11月29日 国立療養所東北新生園を訪問(担当者)
平成20年 1月28日 国立療養所長島愛生園を訪問(担当者)
1月29日 国立療養所邑久光明園を訪問(担当者)
2月15日 国立療養所菊池恵楓園を訪問(担当者)
3月19日 国立療養所栗生楽泉園を訪問(担当者)
4月21~24日 国立療養所長島愛生園三重県人会の里帰り実施
5月13~16日 国立療養所邑久光明園三重県人会の里帰り実施
5月20日 国立駿河療養所を訪問(部長他)
11月5日 国立療養所邑久光明園を訪問(部長他)
11月6日 国立療養所長島愛生園を訪問(部長他)
11月17~20日 国立駿河療養所三重県人会の里帰り実施
平成21年 2月27日 国立療養所東北新生園を訪問(担当者)
3月10日 国立療養所多磨全生園を訪問(担当者)
3月11日 国立療養所多磨全生園を訪問(担当者)
4月20~23日 国立療養所長島愛生園三重県人会の里帰り実施
5月18~21日 国立療養所邑久光明園三重県人会の里帰り実施
7月3日 国立駿河療養所を訪問(担当者)
7月22日 国立療養所菊池恵楓園を訪問(担当者)
10月27~30日 国立駿河療養所三重県人会の里帰り実施
11月12日 国立療養所栗生楽泉園を訪問(担当者)
11月13日 国立療養所多磨全生園を訪問(担当者)
12月4日 国立療養所東北新生園を訪問(担当者)

 

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 医療政策課 医務・県立病院・看護大学班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2337 
ファクス番号:059-224-2340 
メールアドレス:iryos@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000029647