現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 自然環境 >
  4. 自然環境の保全 >
  5.  ハマナツメ保護指針
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. みどり共生推進課  >
  4.  野生生物班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

ハマナツメ保護指針

ハマナツメ
分布図
ハマナツメ分布図

1 種名

  • 和名 ハマナツメ(被子植物双子葉類クロウメモドキ科)
  • 学名 Paliurus ramosissimus

2 概要

東海以西の本州、四国、九州、琉球列島、済州島、中国、インドシナ等の海岸近くの湿性地に分布する。 分布北限である静岡県の生育地は埋め立てにより消滅し、三重県が現在の北限地となっている。 海岸や河川の開発行為などにより減少している。

3 指定要件

県内における生育地面積は6平方キロメートル以下であり、生育地が過度に分断され、個体数の継続的な減少が予測されることから、 三重県自然環境保全条例施行規則(平成15年三重県規則第37号。以下「規則」という。)第19条第1項第2号の 「種の個体の出現範囲が500平方キロメートル未満又は生息地等の面積が50平方キロメートル未満であると推定される場合において、

イ 生息地等が過度に分断され、又は5以下の地点に限定されていること。
ロ 出現範囲、生息地等の面積、成熟個体数等に継続的な減少が予測されること。
を満たすものであること」に該当する。

4 届出に係る捕獲等の禁止・制限事項(条例第20条第2項関係)

条例第20条第2項の「指針に適合しないものであるとき」は、次のとおりとする。 

  1. 三重県文化財保護条例第39条第1項の規定による現状変更等の許可がされない場合。
  2. 捕獲等を行う区域において、個体数が著しく少ない場合、繁殖に支障をきたすと予想される場合その他の種の保護に支障を及ぼすおそれのある場合。 
  3. 適切な栽培施設を有しないことその他の事由により、捕獲個体を適切に取り扱うことができないと認められる場合。  

5 捕獲等の届出の適用除外(条例第20条第6項第2号関係)

条例第20条第6項第2号の「指針に定める場合」は、次のとおりとする。  

  1. 三重県文化財保護条例第39条第1項の規定による現状変更等の許可を受けた場合。

6 捕獲等の届出の適用が除外される生息・生育状況調査(規則第23条第2号)

規則第23条第2号の「指定希少野生動植物種の生息若しくは生育の状況に関する調査」は、該当なしとする。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 みどり共生推進課 野生生物班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2578 
ファクス番号:059-224-2070 
メールアドレス:midori@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000011554