現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 人権・男女共同参画・NPO >
  4. NPO >
  5. お知らせ一覧 >
  6.  お知らせ(平成17年度)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. ダイバーシティ社会推進課  >
  4.  NPO班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

目次

2005年度トピックス (2006/03/31まで)

平成17年度現場で体験NPO県職員研修の企画書等を公開します。(→GO!
みえ市民活動ボランティアセンター職員募集!(→GO!
内閣府から地域再生に資するNPO等の活動支援18年度募集のお知らせがありました。(→GO!
亀山市から発信!! 市民参画講演会「"やりたい活動"から"求められる活動"へ」(→GO!
平成17年度第3回みえ県民交流センター運営委員会開催のお知らせ(→GO!
NPO法人の認証取消について(→GO!
事業報告書からみる県内NPO法人の実態調査(→GO!
協働事業提案の進捗状況を更新しました!(→GO!
公開審査会結果発表!(→GO!
協働事業の提案がありました!(→GO!
事業報告書類を提出してください。(→GO!
NPO(ボランティア・市民活動団体等)からの協働事業提案を募集しています!(→GO!
「地域再生に資する NPO 等活動支援:C2001」(市民活動団体等支援総合支援事業)に係る2次募集(→GO!
NPO法人の認証取消について(→GO!
【資料】NPO法人の事業規模について(→GO!
第7回 三重薬物依存リハビリセンター(ダルク)フォーラム(→GO!
三重銀行がNPOに向けた融資(みえぎんNPOローン)を発表しました!(→GO!
みえ発!!パートナーシップ・フォーラム(→GO!
平成16年度のふりかえり会議一覧を公開します。(→GO!
法人申請など、事業報告などに注目情報を追加しました。(→GO!
内閣府では、全国都市再生モデル調査」の対象となる都市再生活動を募集(→GO!
協働ワーキング報告書(案)を公開します。(→GO!
NPO法人の事業報告書等を公開します。(→GO!
協働の仕組みづくり(→GO!

平成17年度現場で体験NPO県職員研修の企画書等を公開します。

NPO法人市民社会研究所に協働事業として委託した「平成17年度現場で体験NPO県職員研修」の事業が完了しました。平成14年度にNPOから提案を受け、4年間に亘り現場で体験NPO県職員研修を行ってきましたが、中間支援組織で取り組むところも出てきたことから、今後は、NPO独自で、気軽に地域のNPO活動を視察する仕組みが広がることを期待します。
そのときの参考とするため以下の資料を公開するものです。


募集終了みえ市民活動ボランティアセンター職員募集!

みえ市民活動ボランティアセンターでは、平成18年4月1日から勤務をしていただける嘱託員(市民プロデューサー)を募集します。仕事の内容は、みえ市民活動ボランティアセンターに勤務し、みえ県民交流センターの管理運営業務を通して市民活動のサポートを行っていくことです。
市民活動やボランティアに興味のある方は、ぜひ、以下までお問い合わせください。


募集職種/
1.みえ県民交流センター嘱託員
2.市民活動嘱託員
勤務内容等
1.7人の交代勤務で、昼間は1日8時間、夜は5時間の勤務となります。昼間は1人体制、夜間と土日祝日は2人体制となります。
2.月16日以内で1日8時間勤務となります。主にHP作成等、市民活動情報ネットワーク運営に関する業務を行っていただきます。
受付期間
平成18年2月27日(月)~平成18年3月6日(月)
(なお、申込み多数の場合は、締切を早めます。)
受付時間/平日午前9時30分~午後5時まで
面接予定日/平成18年3月9日(木)
問い合わせ先
津市羽所町700 アスト津3階 県生活部NPO室 Tel.059-222-5981

内閣府から地域再生に資するNPO等の活動支援18年度募集のお知らせがありました。

この事業の申請は、NPOが地方公共団体を通じて内閣府に申請します。申請を希望される方は、以下のマニュアル等を参照の上相談してください。

この事業は、NPOから提出する企画に対して、100万円~500万円で内閣府から委託を受けてNPOが事業実施するものです。
人件費その他経費が100%国費で出ます。
詳しくは、内閣府のホームページを参照してください。
http://www.npo-homepage.go.jp/shiensougou/20060220shien_gaiyou.html

亀山市から発信!!
市民参画講演会「"やりたい活動"から"求められる活動"へ」
講師は、せんだい・みやぎNPOセンターの加藤哲夫さんです。
市民活動団体、自治会、行政の関係者の方お集まりください。

「これがやりたい」という思いを持って始めた市民活動。地域社会から本当に「求められる活動」をしているかと問われれば・・・。
主体的・自発的に柔軟な社会サービスを提供する市民活動が地域住民や地域社会から真に求められる活動とは何かを学び、地縁組織(自治会・コミュニティなど)や行政との関係を整理しつつ、市民主体のまちづくりへつなげていくための講演会を下記のとおり開催します。
当日は、年間150回以上、行政職員研修、NPOマネジメント研修等幅広いテーマの講演・ワークショップを行い、全国を飛び回ってご活躍されている特定非営利活動法人 せんだい・みやぎNPOセンターの代表理事 加藤哲夫さんを講師としてお招きします。
市民活動、自治会・コミュニティ活動を日頃行っており、地域に根ざした活動をもう一歩進めたい方はぜひご参加ください。


開催日時:平成18年3月3日(金)13:30~15:30
開催場所:亀山市総合保健福祉センター2階研修室(亀山市羽若町545)
テーマ:「"やりたい活動"から"求められる活動"へ」
講師:せんだい・みやぎNPOセンター 代表理事 加藤哲夫氏
参加費:無料(定員70名 事前にお申込みください。)
申込・問合先:亀山市市民課市民参画女性係 渥美・松岡
  〒519-0195 亀山市本丸町577番地
       電話 (0595)84-5007
       FAX (0595)82-1434
       E-mail shimin@city.kameyama.mie.jp
電話・FAX・E-mailにてお申込みください。

申込期限:平成18年3月1日(水)まで

※託児(事前要予約)あります。託児の申込みは2月24日(金)までにお申込みください。

平成17年度
第3回みえ県民交流センター運営委員会開催のお知らせ

つぎのとおり、第3回みえ県民交流センター運営委員会を開催します。
今回の運営委員会では、センタ・[運営のあり方について考えたいと思います。どなたでも自由に参加して発言していただけますので、多数の参加をお待ちしております。

とき/2月23日(木)19:00~21:00
ところ/みえ県民交流センター交流スペース(津市羽所町700アスト津3階)
内容/  (1)運営委員会のあり方について
 (2)協定書について
 (3)規約変更について
 (4)その他


問合せ先/みえ市民活動ボランティアセンター
Tel.059-222-5995 Fax.059-222-5971
E-mail center@mienpo.net
ホームページ http://www.mienpo.net/center/

NPO法人の認証取消について

平成18年1月13日付けで、特定非営利活動促進法第43条第1項にもとづき、特定非営利活動法人あさひサービス、特定非営利活動法人みえ人権推進県民の会の認証を取り消しました。


【三重県が認証したNPO法人一覧】
http://www1.mienpo.net/houjin/ichiran-mie.htm

事業報告書からみる県内NPO法人の実態調査

2003年~2004年に提出された事業報告書分析
 事業報告書
2005年10月までに提出された事業報告書レビュー。
 収支計算書財産目録
NPO法人に対するアンケート結果(10月実施)
 アンケート結果


【注意】
「事業報告書からみる三重県のNPO法人実態」は、平成17年8月3日に開催された「あいち協働のルールブック推進フォーラム」でNPO法人ボランタリーネイバーズが発表した事業報告書の分析が大変優れていると判断し、第三者が愛知県と三重県の比較が可能となるよう指標の一部をそろえています。

協働事業提案の進捗状況を更新しました!

平成17年度に採択した協働事業提案の進捗状況を更新しました。
協働事業提案制度

公開審査会結果発表!

NPO室が「新しい時代の公」実践事業として取り組む「NPO(ボランティア・市民活動団体等)からの協働事業提案制度」に応募のあった事業(5件)を審査した結果、以下のとおり3件を採択しましたので発表します。


採択一覧

提案事業名 提案者
県募集テーマ
県営住宅に入居する外国人の方に対する生活ガイダンス事業
特定非営利活動法人愛伝舎
県募集テーマ
県営住宅の外国人入居者への管理事業
特定非営利活動法人愛伝舎
災害時おける難病患者の行動・支援マニュアルの作成及び啓発 災害時の難病患者支援プロジェクト

協働事業の提案がありました!公開審査会は終了しました!

公開の審査会の日程のお知らせ
 日時:9月14日(水) 午後1時30分~午後5時30分
 場所:アスト津3階 ミーティングルーム3,4
 どなたでも公開プレゼンテーションの様子を見ることができます。
 問い合わせ:三重県生活部NPO室 電話 059-222-5981

協働事業提案一覧

提案事業名 提案者 プレゼンテーション
熊野古道パワーアップ 自然体験型観光資源ネットワーク事業 特定非営利活動法人海山ITフォーラム 13:30-14:00
    入れ替え5分
県募集テーマ
県営住宅に入居する外国人の方に対する生活ガイダンス事業
特定非営利活動法人愛伝舎 14:05-14:35
県募集テーマ
県営住宅の外国人入居者への管理事業
特定非営利活動法人愛伝舎 14:35-15:05
    休憩10分
県民主役の行政評価(しくみづくりと実践) 特定非営利活動法人市民社会研究所 15:15-15:45
    入れ替え5分
災害時おける難病患者の行動・支援マニュアルの作成及び啓発 災害時の難病患者支援プロジェクト 15:50-16:20

事業報告書類を提出してください。

 NPO法人の事業報告書類は、事業年度終了後3か月以内に法人事務所に備え置くとともに、県庁へ提出する必要があります。  提出期限は次のとおりです。
  12月31日で事業年度が終了した法人  → 4月7日
   1月31日で事業年度が終了した法人  → 5月7日
   3月31日で事業年度が終了した法人  → 7月7日
   4月30日で事業年度が終了した法人  → 8月7日

 提出期限を経過しても未だ提出のない法人があります。該当する法人におかれては、速やかに提出してください。(活動実績がなかった法人も提出する必要があります。)
 なお、提出がない場合は、過料処分や認証取消を行いますので、ご注意ください。

NPO(ボランティア・市民活動団体等)からの協働事業提案を
募集しています!
募集は終了しました!

「新しい時代の公」実践提案事業として、NPOが自ら企画して県に提案し、相互に議論・検討し、協働できる事業を構築・推進する事業(3件程度採用予定)の募集を行います。これは、NPO室が2年間試行した結果をふまえて、「新しい時代の公」を多様な主体で担っていく「市民発」の仕組みを推進しようとするものです。
また、この提案を選考する市民審査員を3名募集します。この市民審査員の方は、この事業選考後もサポート委員として事業構築に係わってもらいます。(募集の詳細は下記をご覧ください)。

公開審査会 *8月18日 情報追加

公開審査会は、平成17年9月14日(水)午後からを予定しています。

募集要項・提案書等ダウンロード

(1)募集要綱 (PDF,150KB)
(2)事業構築までのフロー図(PDF,60KB)
(3)提案書、企画書 (PDF,98KB、word,37KB)

提案事業募集 *8月8日 庁内テーマ追加

(1)三重県との「協働事業提案」であること。
(2)「協働事業提案」とは、NPOと県が協働で取り組む事業の内容について、NPOが企画した協働事業を行政に提案するものです。
(3) 協働事業提案のテーマは以下のとおりです。

1.自由テーマ
2.県からの募集したテーマ

8月8日発表!

県から募集テーマ:県営住宅に居住する外国人に対する生活指導

内容:近年、国際化や政策としての外国人労働者の受入れ促進に伴い、県営住宅への外国人入居者が増加してきており、平成17年8月1日現在、27団地に345戸が入居し、全入居世帯の9.5%となっている。
 特に入居比率が高い桜島団地(40.7%)、千里団地(22.5%)、白塚団地(27.1%)については、日本での生活習慣の違い、言葉の障壁によるコミュニケーションの不足等から、日本人入居者との共同生活に戸惑いを感じ、その対応に苦慮されている外国人入居者が多い。また日本人入居者からもそれらに関するトラブル、苦情等が一部寄せられている。

 このためNPOと協働して下記のとおり問題解決を図りたい。

  • 日本の生活習慣を理解してもらうため、随時、周知徹底を図っていく。
  • 年4回開催する入居者説明会を一層充実させ、共同生活のルールについて徹底を図っていく。
  • 苦情等発生した場合は当事者の指導等、迅速に対応していく。
  • マナー等記載したパンフレットの外国語版を作成し、配布する。

受付期間

8月8日(月)~9月2日(金)(郵送の場合当日消印有効)
「協働事業提案書」及び関係書類を、直接、または郵送、FAX、E-mailで提出してください。

説明会 終了しました!

8月8日(月) 午後7時~ アスト津3階

応募資格は、以下の要件に該当する団体であることが必要です。

(1) 三重県内で活動しているNPOであること(法人格の有無は問いません)。
(2)活動分野は特に限定しませんが、宗教活動や政治活動を主たる活動目的とした団体ではないこと、また、特定の公職者(候補者を含む)または政党を推薦、支持、反対することを目的とした団体ではないこととします。

企画の審査

NPOから提出された協働事業提案企画書と公開のプレゼンテーションにより、選考委員会が審査します。

市民委員を3名募集します。終了しました。

(1)審査委員会設置要綱(PDF,70KB)

応募方法

『「新しい時代の公」を担う市民セクターの役割』について800字程度で8月19日(金)までにNPO室まで意見を提出してください。(様式自由、メール可)

提案を募集しています。終了しました。

内閣府では、「地域再生に資する NPO 等活動支援:C2001」(市民活動団体等支援総合支援事業)に係る2次募集を行っています。

  1. 問合せ先
     三重県生活部NPO室 059-222-5981
  2. 提案締切り
     平成17年8月17日(水)
  3. 関連資料
    1.  
    2. 地域再生計画認定申請マニュアル(PDF,25KB)
    3.  
    4. 事業実施要領改訂版(PDF,42KB)
    5.  
    6.  

NPO法人の認証取消について

平成17年6月15日付けで、特定非営利活動促進法第43条第1項にもとづき、特定非営利活動法人三重県生活改善協議会の認証を取り消しました。


 

【資料】NPO法人の事業規模について

 2004年に提出のあった事業報告書から資金の状況を公開します。
 

終了しました
第7回 三重薬物依存リハビリセンター(ダルク)フォーラム
テーマ:~薬物依存者本人が赤裸々に語る~

三重ダルクと共催でフォーラムを開催します。
とき 8月1日(月) 13:00~16:00
ところ 三重県津庁舎 参加費   無料


 近年、薬物乱用の広汎化、低年齢化などが大きく社会問題化されていますが、依存症のという認識は未だ乏しく、薬物乱用問題と依存症が同じように認識されています。このため薬物の問題を持った本人の家族や周囲もその対応に困惑し、問題を・ヲた本人もなかなか回復の道を見つけられずにいるというのが現状です。
 誰でも問題を抱えていれば、その解決を探すものです。しかし、それがあってはならないものとして扱われれば、誰も手を挙げることは出来ません。けれども薬物依存症には解決があります。欧米で使われているプログラムを実践し実際に薬物依存から脱却した依存者本人が、薬物、依存、病気、回復について語るフォーラムです。
 薬物に問題を持った本人の方、家族の方、一度フォーラムを覗いてみて下さい。解決の糸口になることを願っています。
 また、今回は県内の各方面で実際に薬物依存症の回復支援に携わっておられる方を招いてのシンポジウムも行います。
 多くの方のご参加を心からお待ちしています。
【問い合わせ】
三重ダルク 059-222-7510 心の健康センター 059-255-2151

企業のCSR経営
三重銀行がNPOに向けた融資(みえぎんNPOローン)を発表しました!(H17.6.9)

三重銀行のホームページ三重銀行のホームページに移動します。

三重銀行の三重県内営業エリアに主たる事務所を有するNPO法人を対象とした無担保ローンです。
http://www.miebank.co.jp/news/pdf/news403.pdf
「みえぎんNPOローン」の取り扱いについて


関連情報
http://www.miebank.co.jp/r_banking/
三重銀行のリレーションバンキングの取組み
http://www.miebank.co.jp/r_banking/pdf/h1609.pdf(PDF,219KB)
三重銀行の地域貢献に関する考え方、取組みなどをまとめ

無事終了しました!
□                     □
 ■□「新しい時代の公」市民社会は実践から生まれる□■
  ■  みえ発!!パートナーシップ・フォーラム    ■

 三重県では、多様な主体が参画し、みんなで支える社会のあり方や活動に向けた取り組みを「新しい時代の公」として提唱し、昨年度に、その推進についての検討を進めてきました。また、県民主体でこれまでの協働事業のふりかえりから「市民と行政とが協働するための行動提案書」をとりまとめました。そして県では、提案書の成果も取り入れ、本年度から実践を通じての取り組みを始めています。
 このフォーラムは、県民の皆さん、NPO、企業、地域の団体、市町村など多様な主体の方々が参加し、様々な活動事例を通して「新しい時代の公」の取り組みを学び、推進しようとするものです。
 今後、現場で実践する際の参考となることを目的としていますので、多くの皆さまのご参加をお待ちしています。


注目情報
【日時】6月26日(日)10:00~16:30
【場所】三重県津市羽所町700番地 アスト津4階 アストホール
【交通】JR・近鉄津駅下車徒歩1分
【定員】200名 *申込制先着順
(午前の部の協働ブース出展者20団体も同時募集しています。お問い合わせください。)
【参加費】無料
【主催】●パートナーシップ・プロジェクト
*パートナーシップ・プロジェクトは、みえ市民活動ネットワーク有志と三重県NPO室の協働事業体です。
     ●三重県新しい時代の公推進本部
【後援】 *たくさんの団体からご後援いただいています


【お申し込み方法】
お申し込みは、下記窓口宛に郵送・電話・FAX・E-mailにて下記事項をご連絡ください。

  1. お名前
  2. お住まい
  3. ご所属
  4. ご連絡先(TEL、FAX、E-mail)

●申込締め切り6月17日(金)
 *定員になり次第締め切らせていただきます。ご了承ください。
【お問い合わせ・お申し込み先】
●パートナーシップ・プロジェクト事務局(三重県NPO室内)
 〒514-0009 三重県津市羽所町700番地 アスト津3階
 Tel:059-222-5981、Fax:059-222-5971
 E-mail: seiknpo@pref.mie.jp
●新しい時代の公推進本部事務局(三重県企画開発室)
 〒514-8570 三重県津市広明町13番地
 Tel:059-224-2644、Fax:059-224-2075
 E-mail: kikakuk@pref.mie.jp


【スケジュールと内容】
●午前の部(10:00~12:00)
 協働ブース展示 *出展者も同時募集(20団体)
 ◆協働ブース(事例・ツール紹介)
 企業の社会貢献活動、地域の活動、ボランティア・市民活動団体の活動、資金調達のためのしくみなど紹介・・・
 ◆協働相談コーナー
●午後の部 (13:00~16:30)
 パートナーシップ・フォーラム
 ◆なぜ「新しい時代の公」なのか
 ◆市民と行政とが協働するための行動提案書
 ◆「新しい時代の公」担い手の事例紹介
 コーディネーター 浅野 聡氏 (三重大学助教授)
 コメンテーター 粉川 一郎氏 (武蔵大学専任講師)

  1. 鳥羽小学校建設推進(鳥羽小学校PTA)
  2. チャイルドライン24(NPO)
  3. Jマネー定期&NPOローン(三重銀行)
  4. ゆめづくり地域交付金(名張市)

 ◆パネルディスカッション
 「みんながパネラー パネルディスカッション ステージ2」
*パートナーシップ・フォーラムは、「第2回MPドリーム助成金」を受け開催されます。

平成16年度のふりかえり会議一覧を公開します。

平成16年度ふりかえり会議 一覧表


関連情報
企画立案期、中間期、事業完了期の協働事業チェックシート(コミュニティシンクタンク「評価みえ」作成)のPDF資料を公開しました。
協働の仕組み作りを是非ご覧ください。

法人申請など、事業報告などに注目情報を追加しました。

法人申請などに、社会福祉法法人等の違いについての資料を注目情報として掲載しました。

小規模作業所で社会福祉法人か、NPO法人か検討されている方は、是非ご覧ください。

事業報告などに事業報告の記載例を注目情報として掲載しました。

1月1日~12月31日を事業年度としているNPO法人は、4月7日が事業報告の締切になります。
4月1日~3月31日を事業年度としているNPO法人は、7月7日が事業報告の締切になります。
関連情報
昨年度のNPO法人の事業報告の提出状況

提案を募集しています。 募集は終了しました。

内閣府では、全国都市再生モデル調査」の対象となる都市再生活動を募集しています。

1.対象
・自治体、自治体を構成員に含む団体
・まちづくり活動に関わるNPO等の団体
2.詳細は、以下のホームページを参照してください。
 内閣府都市再生本部
3.問合せ先
 三重県生活部NPO室 059-222-5981
4.提案締切り
 平成17年4月25日(月)

協働ワーキング報告書(案)を公開します。H17.2.1

 NPOと行政の協働における役割分担や予算のあり方等、ふりかえり会議等で課題となっている事項について庁内でワーキンググループをつくり、特定非営利活動法人NPO研修・情報センターの代表理事世古一穂さんにアドバイザーとしてかかわっていただいて、検討を重ねてきました。
 H17.1.31 庁内で推進するため協働事業提案のあったパートナーシッププロジェクトとともに成果を発表しました。
 まだ、案の段階ですが、公表します。協働のルールのPDF資料です。

NPO法人の事業報告書等を公開します。H17.1.17現在

 NPO法人の活動に対する理解促進のため事業報告書等を公開します。
 http://www1.mienpo.net/houjin/jigyo/index.htm

協働の仕組みづくり

協働のしくみづくり庁内ワーキングループ検討案、パートナーシッププロジェクト成果、まちづくり基本条例検討案について意見交換会を実施しました。

注目情報・関連リンク

注目情報を示しています
・注目情報を示しています。
関連情報を示しています。
・関連情報を示しています。
関連するホームページへのリンクを示しています。
・関連ホームページへリンクしています。


「県民しあわせプラン」
「県民しあわせプラン」は、平成16年4月に策定された県の総合計画です。
めざすべき社会における公の姿を「新しい時代の公」という理念として提唱し、長期的な視野に立って、その実現に向けた取組を進めることとしています。

「新しい時代の公(おおやけ)」
「新しい時代の公」とは、公(公共領域)の活動に、多様な主体が参画し、みんなで支える社会のあり方、及びその形成に向けた諸活動のことを言います。
 


無事終了しました!
「新しい時代の公」市民社会は実践から生まれる
みえ発!!
パートナーシップフォーラム

  • 平成17年6月26日(日)
  • 午前10時~午後4時30分
  • アスト津4階
  • チラシ表 jpg,327KB
  • チラシ裏 jpg,347KB

三重ダルク
ダルクとは依存症からの回復を目的としたリハビリセンターで、薬物をやめたい願望のある方なら誰でも参加できます。


特定非営利活動法人 コミュニティ・シンクタンク「評価みえ」
特定非営利活動法人 コミュニティ・シンクタンク「評価みえ」は、「評価」を通じて、市民社会づくりをめざすNPO(民間非営利組織)です。


注目情報 H17.4.22
・子どもの心を受け止めるネットワークみえ(チャイルドライン24)として三重県とNPO団体が協定書を結びました。
子どもが安全で安心して健やかに育つ地域社会づくりを三重県とNPOが協働で行っていきます。
NPOと企業、資金サポートなど様々な試行を行っていきます。
 


注目情報 H17.1.31
・パートナーシッププロジェクト
 平成16年度に提案のあった1998年のパートナーシップ宣言を実践していくための協働事業提案です。市民側への提案・行政側への提案を発表しました。
 協働I 「市民と行政とが協働を進めるための行動提案」を是非ご覧ください。 


協働ワーキング報告書(案)を公開します。H17.2.1
 NPOと行政の協働における役割分担や予算のあり方等、ふりかえり会議等で課題となっている事項について庁内でワーキンググループをつくり、特定非営利活動法人NPO研修・情報センターの代表理事世古一穂さんにアドバイザーとしてかかわっていただいて、検討を重ねてきました。
 H17.1.31 庁内で推進するため協働事業提案のあったパートナーシッププロジェクトとともに成果を発表しました。

 まだ、案の段階ですが、公表します。協働のルールのPDF資料です。


関連情報
・特定非営利活動法人NPO研修・情報センター
特定非営利活動法人NPO研修・情報センターのホームページに移動します。

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 ダイバーシティ社会推進課 NPO班 〒514-0009 
津市羽所町700番地(アスト津3階 みえ県民交流センター内)
電話番号:059-222-5981 
ファクス番号:059-222-5984 
メールアドレス:seiknpo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000035685