現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 産業 >
  4. 公営企業(水道用水供給・工業用水道・電気) >
  5. 三重ごみ固形燃料発電所(廃止) >
  6.  三重ごみ固形燃料発電所トップページ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 企業庁  >
  3. 電気事業課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県企業庁

三重ごみ固形燃料発電所

発電所からのお知らせ

令和元年11月5日 発電所だより第185号(令和元年11月)

令和元年10月24日 維持管理状況(令和元年度)の更新

令和元年10月7日 発電所だより第184号(令和元年10月)

令和元年9月30日 維持管理状況(令和元年度)の更新

令和元年9月3日 発電所だより第183号(令和元年9月)

令和元年8月27日 維持管理状況(令和元年度)の更新

令和元年8月1日 発電所だより第182号(令和元年8月)

令和元年7月30日 維持管理状況(令和元年度)の更新

令和元年7月11日 維持管理状況(令和元年度)の更新

「過去のお知らせ」はこちらから

「施設公開のお知らせ」はこちらから

発電所の概要

三重ごみ固形燃料発電所では、三重県内の6つのごみ固形燃料製造施設において、可燃ごみから作られたごみ固形燃料(RDF)を燃料として焼却・発電を行い、三重県の広域的なごみ処理の一翼を担うとともに「ごみを電気にリサイクル」しています。

当発電所の焼却発電システムは、ダイオキシン類をはじめとする厳しい排出ガス規制に適合するとともに、従来の直接ごみを燃料とする発電に比べて飛躍的に高温・高圧の蒸気を発生することが可能であり、高効率の発電を行うことができます。

また、焼却灰はセメントの原材料として再利用を行っており、施設全体での環境負荷の低減に努めています。

※ 令和元年9月17日をもってRDFの焼却・発電は
終了しました。
RDF焼却・発電事業の終了

※ 令和元年12月21日をもって電気事業法における
「三重ごみ固形燃料発電所」は廃止となりました。
電気事業法における「三重ごみ固形燃料発電所」の廃止

実施事業

  • RDF焼却・発電事業
    (参加市町村:桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、大台町、多気町、大紀町、熊野市、御浜町、紀宝町、伊賀市、紀北町)

主な所管施設

維持管理に関する情報 

発電所だより

施設公開

三重ごみ固形燃料発電所

三重県企業庁 三重ごみ固形燃料発電所
〒511-0125
桑名市多度町力尾4028
TEL 0594-32-3468(代)
FAX 0594-32-3469

事務所周辺地図

本ページに関する問い合わせ先

三重県 企業庁 電気事業課 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2824 
ファクス番号:059-224-3043 
メールアドレス:kigyod@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000023753