現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 地域づくり >
  4. 南部地域活性化 >
  5. 過疎・離島・半島 >
  6.  熊野市の「特定非営利活動法人のってこらい」が令和2年度過疎地域自立活性化優良事例表彰における総務大臣賞を受賞しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 南部地域活性化推進課  >
  4.  定住促進・過疎離島班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和02年09月17日

熊野市の「特定非営利活動法人のってこらい」が令和2年度過疎地域自立活性化優良事例表彰における総務大臣賞を受賞しました

 総務省及び全国過疎地域自立促進連盟が、令和2年度過疎地域自立活性化優良事例表彰の受賞団体を決定し、「特定非営利活動法人のってこらい」が総務大臣賞を受賞しました。
 なお、表彰式は11月27日(金)に東京都内において行われる予定です。
 ※令和2年度受賞団体 総務大臣賞 5団体
            全国過疎地域自立促進連盟会長賞 4団体

〇過疎地域自立活性化優良事例表彰について
 地域の自立と風格の醸成を目指した過疎地域の取組を奨励するため、創意工夫をもって過疎地域の活性化に取り組み、優れた成果を上げ、過疎対策の先進的・モデル的事例としてふさわしいこと等を審査の基準として、過疎地域自立活性化優良事例表彰委員会(委員長 宮口 侗廸(みやぐち としみち)早稲田大学名誉教授)において選定の上、毎年10件程度が表彰されるものです。

〇「特定非営利活動法人のってこらい」の活動について
・キャッチフレーズ 一隅(いちぐう)を照らす~地域住民主体で過疎地の交通サービスを守る~
・活動内容 
 過疎・高齢化が進む、熊野市五郷町で集落の課題であった交通空白地等の交通不便問題に対し、公共交通空白地有償運送の制度を活用し、地域が主体となった交通サービスを開始しました。現在は乗用車を利用して、住民が運転手となって熊野市五郷町と飛鳥町において、買い物や通院の支援などを行っています。
・受賞のポイント
 住民自らが立ち上がり、きめ細やかな交通サービスの提供により、地域住民は住み慣れた地域に安心して暮らし続けることができています。


関連資料

  • 総務省報道発表資料(PDF(232KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 南部地域活性化局 南部地域活性化推進課 定住促進・過疎離島班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2195 
ファクス番号:059-224-2418 
メールアドレス:nanbu@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000242608