現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 美術館 >
  5.  三重県立美術館「没後30年 諏訪直樹展」を開催します(コロナ感染症のため3月7日、3月21日の連続講座を中止します)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 美術館
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年12月11日

三重県立美術館「没後30年 諏訪直樹展」を開催します(コロナ感染症のため3月7日、3月21日の連続講座を中止します)
コレクションによる特別陳列

 三重県立美術館では、1970年代後半から80年代にかけて優れた絵画表現が高い評価を受けながら36歳で世を去った三重県四日市出身の画家、諏訪直樹(すわなおき 1954-1990)の展覧会を開催します。本展では、画家の表現の変遷をたどる当館所蔵の全作品を初めて一堂に展示することにより、1980年代の美術に重要な足跡を残したその画業を紹介します。

1開催要項
(1)展覧会名 
「没後30年 諏訪直樹展」

(2)会期   
令和2年2月1日(土)から4月5日(日)まで

(3)会場   
三重県立美術館(津市大谷町11番地)

(4)開館時間 
9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)

(5)休館日  
毎週月曜日(ただし2月24日は開館し、翌2月25日は休館します。)

(6)観覧料  
一般700(500)円・学生600(400)円・高校生以下無料
※( )内は、20名以上の団体割引料金
※家庭の日(毎月第3日曜日<2月16日、3月15日>)は団体割引料金となります。

(7)主催   
三重県立美術館

(8)助成   
公益財団法人三重県立美術館協力会


2 会期中のイベント
(1)記念講演会「思い出の諏訪直樹」
日時:令和2年2月23日(日)14時から(90分程度)
講師:北澤憲昭(美術評論家)
会場:美術館講堂
定員:150名
申込不要、参加無料

(2)連続講座「諏訪直樹の絵を見る」
【この連続講座については、コロナ感染症拡大防止のため中止します】
第1回「諏訪直樹の絵を見るために―1970年代の美術」
日時:令和2年3月7日(土)14時から(60分程度)
講師:石崎勝基(美術史家)
会場:美術館講堂
定員:150名
申込不要、参加無料

第2回「諏訪直樹の絵を見ながら語る」
日時:令和2年3月21日(土)14時から(40分程度)
講師:石崎勝基(美術史家)
会場:美術館企画展示室
申込不要、参加無料、要観覧券

(3)ギャラリー・トーク
日時:令和2年2月15日(土)、3月28日(土)いずれも14時から(約30分程度)
講師:速水豊(三重県立美術館館長)
会場:三重県立美術館企画展示室
申込不要、参加無料、要観覧券

関連資料

  • 「没後30年 諏訪直樹展」チラシ(PDF(3MB))

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県 美術館 〒514-0007 
津市大谷町11
電話番号:059-227-2100 
ファクス番号:059-223-0570 
メールアドレス:bijutsu@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000232424