現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 美術館 >
  5.  三重県立美術館 企画展「開館40周年記念 宇田荻邨展」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 美術館
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和04年03月19日

三重県立美術館 企画展「開館40周年記念 宇田荻邨展」を開催します

 三重県立美術館では開館40周年を記念して、松阪市に生まれ、京都画壇を代表する日本画家として活躍した宇田荻邨(うだてきそん 1896-1980)の展覧会を開催します。

1.開催要項
(1)展覧会名 
 開館40周年記念 宇田荻邨展

(2)会期   
 令和4年4月23日(土)から6月19日(日)まで

(3)会場   
 三重県立美術館 企画展示室

(4)開館時間 
 9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)

(5)休館日  
 毎週月曜日(5月2日は開館)

(6)観覧料  
 一般1,000(800)円・学生800(600)円・高校生以下無料
 *( )内は前売および20名以上の団体割引料金
 *家庭の日(毎月第3日曜日<5月15日、6月19日>)は団体割引料金となります。

(7)主催   
 三重県立美術館、朝日新聞社

(8)助成
 公益財団法人岡田文化財団、公益財団法人三重県立美術館協力会

(9)協賛   
 井村屋グループ、岡三証券株式会社 株式会社三十三銀行、中部電力パワーグリッド株式会社、
 日本トランスシティ株式会社、株式会社百五銀行、三重交通グループホールディングス株式会社、
 有限会社和田金、桑名三重信用金庫/北伊勢上野信用金庫/津信用金庫/紀北信用金庫

(10)後援
 松阪市、松阪市教育委員会

2.会期中のイベント
(1)美術講演会「荻邨と京都」
 日時:5月14日(土)14時30分から(60分程度)
 講師:毛利伊知郎(美術史家、三重県立美術館前館長)
 会場:三重県立美術館地下1階講堂
 定員:70名/参加無料・要事前申込[締切:4月28日(木)必着]
[講演会への参加方法]
 *参加申込は当館ウェブサイトの専用フォーム、往復はがきにて受け付けます。往復はがきの場合、
参加者の名前(1通につき3名まで)、当日連絡先(電話・メールアドレス)を添えて美術館宛にお送りください。申込多数の場合は抽選し、締切後に結果をお知らせします。


(2)担当学芸員によるスライドレクチャー
 日時:6月11日(土)14時30分から(約60分程度)
 会場:三重県立美術館地下1階講堂
 定員:70名/先着順(14時より開場・受付)/参加無料
    
     
3.宇田荻邨について
 宇田荻邨は、1896(明治29)年、現在の松阪市に生まれ、伊勢の画家・中村左洲に絵の手ほどきを受け、写生、運筆、模写にはげみ、1913(大正2)年画家になることを決意して、京都の菊池芳文の門に入り、翌年には京都市立絵画専門学校別科に入学しました。
 1919(大正8)年、第一回帝国美術院展覧会(帝展)に《夜の一力》が入選した荻邨は、第7回帝展では《淀の水車》で帝国美術院賞を受賞。以後も帝展、新文展、日展などを舞台に活躍して、近代日本画の歴史に輝かしい業績をのこし、1980(昭和55)年1月に逝去しました。


関連資料

  • 宇田荻邨展チラシ 表面(PDF(1005KB))
  • 宇田荻邨展チラシ 裏面(PDF(1MB))
  • 宇田荻邨展プレスリリース(PDF(1MB))

関連リンク

本ページに関する問い合わせ先

三重県 美術館 〒514-0007 
津市大谷町11
電話番号:059-227-2100 
ファクス番号:059-223-0570 
メールアドレス:bijutsu@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000260405