現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 斎宮歴史博物館 >
  5.  国史跡斎宮跡発掘50周年記念特別展を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 斎宮歴史博物館  >
  4.  学芸普及課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和02年08月21日

国史跡斎宮跡発掘50周年記念特別展を開催します
「斎宮と古代国家―飛鳥・奈良時代の斎宮を探る―」

 斎宮歴史博物館では、10月3日(土)から国史跡斎宮跡発掘50周年記念特別展「斎宮と古代国家―飛鳥・奈良時代の斎宮を探る―」を下記のとおり開催します。期間中には、記念講演会や学芸員による展示解説会、発掘調査現場公開などを実施します。

1 開催期間
  令和2年10月3日(土)から11月23日(月・祝)まで
  休館日 10月5日(月)・12日(月)・19日(月)・26日(月)、
      11月2日(月)・9日(月)・ 16日(月)

2 場所
  斎宮歴史博物館 特別展示室(三重県多気郡明和町竹川503)

3 開館時間
  9時30分から17時まで(ただし入館は16時30分まで)

4 観覧料
  【個人】一般:400円  大学生:320円  高校生以下:無料
  【団体】一般:320円  大学生:250円  高校生以下:無料
    ※団体は20名以上
    ※常設展も併せて観覧の場合は、所定の観覧料が必要です。
     【常設展示観覧とのセット料金】
        一般:700円  大学生:510円  高校生以下:無料

5 展示内容
   令和2(2020)年は、国史跡斎宮跡の発掘調査が開始されてから50年目の節目の年にあたります。昭
  和45(1970)年以来、50年にわたる継続的な発掘調査によって、斎宮の最盛期である平安時代には碁
  盤目状の区画で構成される大規模な方格街区(地割)が存在したことなど、国家祭祀の拠点として、
  外交の窓口となった西の大宰府、東北経営の中心となった東の多賀城と並び、国家を支える重要機関
  としての役割を 担った斎宮の実像が明らかになってきました。
   この展覧会では、近年の史跡南西部における発掘調査で明らかになりつつある飛鳥・奈良時代の成
  立期の斎宮にスポットをあて、中央の都城、地方の重要官衙、周辺地域の遺跡などと対比しながら、
  斎宮の担った役割とその重要性をご紹介します。

 【展示資料点数】 約380点
 【主な展示資料】 ◎:重要文化財
  画文帯神獣鏡(がもんたいしんじゅうきょう)〔三重県明和町神前山(かんざきやま)1号墳出土品〕
                               古墳時代 京都国立博物館蔵
 ◎伊勢神島祭祀遺物 画文帯神獣鏡(いせかみしまさいしいぶつ がもんたいしんじゅうきょう)
                               古墳時代 鳥羽市八代神社蔵
 ◎伊勢神島祭祀遺物 頭椎大刀(いせかみしまさいしいぶつ かぶつちのたち)
                               古墳時代 鳥羽市八代神社蔵
  伊勢神宮境内出土 臼玉(いせじんぐうけいだいしゅつど うすだま)
                               古墳時代 東京国立博物館蔵
  高倉山古墳出土 装身具類(たかくらやまこふんしゅつど そうしんぐるい)
                               古墳時代 神宮徴古館蔵
 ◎続日本紀(しょくにほんぎ)                鎌倉時代 名古屋市蓬左文庫蔵
  皇太神宮儀式帳・等由気大神宮儀式帳
  (こうたいじんぐうぎしきちょう・とゆけだいじんぐうぎしきちょう)
                               江戸時代 神宮文庫蔵
 ◎斎宮跡出土 飛鳥時代土器(さいくうあとしゅつど あすかじだいどき)
                               飛鳥時代 斎宮歴史博物館蔵
  飛鳥京跡 Ⅲ期遺構出土土器(あすかきょうあと さんきいこうしゅつどどき)
                     飛鳥時代 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館蔵
  聖武天皇像(しょうむてんのうぞう)         江戸~明治時代 東京国立博物館蔵
  帝王編年記(ていおうへんねんき)             江戸時代 愛知県岩瀬文庫蔵
 ◎斎宮跡出土 羊形硯(さいくうあとしゅつど ようけいけん) 奈良時代 斎宮歴史博物館蔵
  逢鹿瀬廃寺出土 軒丸・軒平瓦(おうがせはいじしゅつど のきまる・のきひらがわら)
                               奈良時代 多気町教育委員会蔵
  伊勢国分寺跡・国分尼寺跡出土 軒丸瓦・軒平瓦
  (いせこくぶんじあと・こくぶんにじあとしゅつど のきまるがわら・のきひらがわら)
                               奈良時代 鈴鹿市考古博物館蔵
6 関連行事
(1)記念講演会
   日  時:10月10日(土)13時30分から15時まで
   会  場:斎宮歴史博物館 講堂
   講  師:佐藤 信(さとう まこと) 氏(東京大学名誉教授)
   演  題:発掘が明らかにした斎宮の謎
   参加方法:事前申込(無料)
   定  員:60名
        ※応募者多数の場合は抽選となります。
   申込方法:往復はがきに、①お名前(ふりがな) ②住所 ③電話番号を明記のうえ、下記「申込
        先」までお申し込みください。
        また、三重県ホームページ「各種手続・サービス」の「申請・届出等手続の総合窓口」か
        らもお申し込みいただけます。
        (https://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/navi2/index.html)
        ※応募は、はがき1枚につき一名様、1申請につき一名様とさせていただきます。
        ※電話、FAX、Eメールでの応募は承っていません。
   募集期間:8月28日(金)から9月18日(金)まで (締切日必着)
   結果通知:9月下旬(予定)
   申込先・問合せ先:
        斎宮歴史博物館 学芸普及課 記念講演会係
        〒515-0325 三重県多気郡明和町竹川503
        電話 0596-52-3800(代表) FAX 0596-52-3724
(2)展示解説会
   日  時:10月31日(土)、11月14日(土)
        いずれも14時から14時45分まで
   場  所:斎宮歴史博物館 講堂
   参加方法:事前申込不要
   定  員:60名(当日13時から整理券を配布します)
(3)史跡斎宮跡発掘調査現場公開
   日  時:11月21日(土) 9時から12時まで、13時から16時まで
   場  所:史跡斎宮跡第199次発掘調査現場(三重県多気郡明和町竹川字中垣内)
        ※斎宮歴史博物館から南に約500mの近鉄線路北側です。車でお越しの際は、ふるさと広
         場南の砂利敷き駐車場に駐車してください。
   参加方法:事前申込不要(直接現場にお越しください)

7 主催
  斎宮歴史博物館

8 後援
  朝日新聞社・伊勢新聞社・産経新聞社・中日新聞社・日本経済新聞社津支局・毎日新聞社・
  夕刊三重新聞社・読売新聞中部支社・NHK津放送局・株式会社CBCテレビ・
  中京テレビ放送株式会社・東海テレビ放送株式会社・三重テレビ放送株式会社・メ~テレ・
  三重エフエム放送株式会社・近畿日本鉄道株式会社

9 助成
  公益財団法人岡田文化財団・日本芸術文化振興基金

10 その他
(1)新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、内容の変更やイベントを中止する可能性がありま
   す。
(2)新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、県外にお住まいの方は、当該都道府県の移動に関す
   る方針に十分ご留意いただき、対応していただきますようお願いします。特に、県外への移動自粛が
   呼びかけられている都道府県にお住まいの方は、イベントへの参加等、今一度検討いただき、控えて
   いただくようお願いします。
(3)斎宮歴史博物館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、来館される方に次のことをお願い
   しています。
   〇発熱や咳等の風邪症状が見られる方の来館を控えていただくこと。
   〇マスクの持参及び着用のうえ観覧いただくこと。
   〇感染予防のために手洗いを徹底いただくこと、館の入り口に設置してあるアルコール消毒液をご利
    用いただくこと。
   〇人と人との十分な間隔(できるだけ2mを目安に)をおとりいただくこと。
   〇来館日時の記録やスマートフォンを活用した「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」
    を活用いただくこと。
    ※その他詳細は、当館ホームページをご確認の上、ご来館ください。

関連資料

  • 特別展チラシ(PDF(1MB))

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県 斎宮歴史博物館 学芸普及課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7026 
ファクス番号:0596-52-3724 
メールアドレス:saiku@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000241483