現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. お知らせ情報 >
  4. イベント・募集案内 >
  5.  令和4年度救急医療講演会のご案内
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  保健所  >
  3. 尾鷲保健所  >
  4.  保健衛生室(総務企画課) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和04年07月29日

令和4年度救急医療講演会のご案内
 元気なうちから始めよう~サヨナラの準備~

 人口減少、過疎高齢化、医師不足など地域医療を取り巻く情勢は大変厳しいものがありますが、当講演会の先生には名田庄での実践を通して、その対応策などについてのヒントを、また、講演テーマである「生きて逝くノート(エンディングノート)」の意義について、お話し頂く予定です。
 どなたでも無料で参加できますので、案内チラシの参加申込書又はネットから、事前申込み(8月1日から9月4日〆切)の上、お気軽にご参加ください。
 なお、会場への参加申込者数が多数になったときは、入場をお断りする場合があります。

 〇日 時 令和4年9月11日(日) 午後2時から
        
 〇場 所 尾鷲市立中央公民館 (尾鷲市中村町10-41)
  【Zoom視聴も可能 ID:825 005 5804】

 〇講演テーマ 「元気なうちから始めよう ~サヨナラの準備~」

 〇講 師 中村 伸一 先生(福井県おおい町国民健康保険名田庄診療所所長)
   プロフィール:
   1963年福井県生まれ、28歳で人口約3千人の福井県名田庄村(現おおい町名田庄地区)にただ一人
  の医師として赴任。以後約30年の間、総合医として、またある時は保健医療福祉総合施設 ”あっと
  ほ~むいきいき館” のジェネラルマネージャー兼保健福祉課長(行政職員)として、地域医療の多岐に
  わたる分野を同時進行で精力的に取り組まれ、旧名田庄村の老人医療費や第1号介護保険料を福井県内
  で最も低いランクに抑えることを実現されています。
   医療再生へのキーワードは「絆」、地域再生のキーワードは「地域絆力」であるとし、講演や本の
  出版などを通して、日本全体が名田庄のような絆を大切にする社会になるようにと『全日本名田庄化
  計画』を推進中。
   NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で地域医療のスペシャリストとして紹介され、著書には
  ドラマ「ドロクター」の原作にもなった「寄りそ医 -支えあう住民と医師の物語-」や「自宅で
  大往生」などがあります。

   【Zoom視聴者には、講演会前日までに配布資料等を申込みのあったメールアドレス宛に送付予定】


  主 催:東紀州地域尾鷲地区救急医療対策協議会
      紀北医師会、尾鷲歯科医師会、紀北薬剤師会、尾鷲市、紀北町、三重紀北消防組合、
      尾鷲総合病院、尾鷲警察署、尾鷲保健所

関連資料

  • R4救急医療講演会案内チラシ(PDF(866KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 尾鷲保健所 保健衛生室(総務企画課) 〒519-3695 
尾鷲市坂場西町1番1号(尾鷲庁舎2階)
電話番号:0597-23-3446 
ファクス番号:0597-23-3449 
メールアドレス:ohoken@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000264661