現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 観光 >
  4. 三重の観光 >
  5. 観光の取組 >
  6. 観光防災 >
  7.  実践から学ぶ「観光防災セミナー」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 観光政策課  >
  4.  観光政策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年10月19日

実践から学ぶ「観光防災セミナー」を開催します
全国各地の災害対策の実例を知り、まち全体で災害に備える

 近年、多発する大規模な自然災害は観光産業にも大きな影響を与えており、災害発生時に観光客を守るため、観光地全体でのより一層の防災対策の充実が求められています。各地の事例を知り、「防災の日常化」に役立てていただくため、下記日程で観光防災セミナーを開催します。

1.開催概要
(1)日 時
   令和元年11月1日(金)13時から16時まで
   (12時30分から受付)

(2)会 場
   三重県勤労者福祉会館5階 第2教室
   住所:津市栄町1丁目891番地

(3)セミナーの概要
  〇災害時における外国人対応の実際~各地の事例から~
   講師:一般財団法人ダイバーシティ研究所 代表理事 田村太郎氏
   プロフィール:阪神大震災の際に外国人支援に携わり、総務省、CLAIR等で災害時対策の形成に参
          画。東日本大震災では内閣官房企画官に就任。被災地を支援し、現在も復興庁・復興
          推進参与として、また企業の防災アドバイザーなど様々な立場から災害の現場や防災
          の取組を支援。   
   内容:北海道胆振東部地震や大阪北部地震、熊本地震等での対応事例、
      外国人住民・訪日旅行者への防災の取組等について
  

  〇おはらい町における観光防災の取組
   講師:伊勢おはらい町会議 会長 前田世利子氏
   プロフィール: 2008年、「伊勢おはらい町会議」会長に就任。内宮の門前町として、毎年、国内外
          から多くの観光客を受け入れる「おはらい町」における災害対策に取り組む。
   内容:おはらい町で実施されている避難訓練、観光地における避難マニュアル作成等について

(4)対象者
   三重県内の観光事業者、観光団体、DMO、各市町防災・観光担当者 等

(5)募集人数
   先着50名

(6)参加費
   無料

(7)主 催
   三重県


2.申込みについて
(1)申込方法
    参加を希望される方は三重県観光局観光政策課宛のFAXまたはE-mailにて以下の事項をご記入の
   上、お申込みください。
   なお、定員になり次第、締め切らせていただきますので、あらかじめご了承ください。
   ① 氏名 ②所属 ③電話番号 ④E-mailアドレス

(2)申込期限
   令和元年10月29日(火)17時


3. 備考
  当日はできるだけ公共交通機関を利用のうえ、ご来場ください。

関連資料

  • 実践から学ぶ「観光防災セミナー」チラシ(PDF(733KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 観光局 観光政策課 観光政策班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁1階)
電話番号:059-224-2077 
ファクス番号:059-224-2801 
メールアドレス:kanko@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000231340