現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5.  三重県庁舎で「中野山遺跡の縄文時代展」を実施します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター  >
  4.  活用支援課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和03年07月06日

三重県庁舎で「中野山遺跡の縄文時代展」を実施します

 三重県庁舎県民ホールにて、中野山(なかのやま)遺跡の展示をします。この遺跡は、四日市市北山町にあり、東海環状自動車道の建設工事に伴う事前の発掘調査で今から約9千年前頃の生活のあとが見つかりました。

1 展示名  「中野山遺跡の縄文時代展」

2 展示期間 令和3年7月6日(火)から令和3年10月下旬まで

3 展示場所 三重県庁舎 1階県民ホール(津市広明町13)

4 展示内容 
  ・中野山遺跡の発掘調査成果を、解説パネルや出土品を用いて解説します。
  ・展示する出土品は、縄文土器、石器等10点です。


上空から見た中野山遺跡(東から)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 活用支援課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7034 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000251722