現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 文化財 >
  5.  「三重県天白遺跡出土品」の魅力を伝える展示や講演を行います
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和04年11月25日

「三重県天白遺跡出土品」の魅力を伝える展示や講演を行います

 この度、令和4年11月18日に国の文化審議会から指定答申された「三重県天白遺跡出土品」は、三重県教育委員会が所管する初めての重要文化財となります。そこで、三重県埋蔵文化財センターでは、「三重県天白遺跡出土品」の歴史的・文化的価値と魅力を伝える展示や講座を開催します。

(1)県庁及び松阪市文化財センターでの展示
  場 所 県庁1階県民ホール(津市広明町13番地)
      松阪市文化財センター「はにわ館」(松阪市外五曲町1番地)
  期 間 11月25日(金)から令和5年3月17日(金)まで
  内 容 「三重県天白遺跡出土品」が発掘された際の写真をパネルにして展示します。ま
      た、天白遺跡から出土した重要文化財以外の土器等も展示します。
(2)公開考古学講座の開催
  会 場 三重県埋蔵文化財センター嬉野分室(松阪市嬉野川北町501)
  日 時 令和5年1月14日(土)13時30分から15時30分
  内 容 三重県埋蔵文化財センター職員が天白遺跡出土品の魅力を解説します。
  備 考 12月22日(木)から募集を開始します。事前申込制で定員50名です。
(3)三重県総合博物館での展示
  会 場 三重県総合博物館  3階 交流創造エリア 
      (津市一身田上津部田3060)
  期 間 令和5年3月11日(土)から4月23日(日)
  内 容 三重県総合博物館内にある「三重の実物図鑑」の一室を使い、「土の中から『こ
      んにちは!』」と題した展示を行い、県指定有形文化財「天白遺跡出土品」も出
      品します。
(4)その他
  ・重要文化財に指定答申された「三重県天白遺跡出土品」は、国の文化審議会による審議
   等のため、現在は文化庁(東京)に貸出しを行っています。
  ・審議等が終了し、本県へ戻ってくる令和5年度には、「三重県天白遺跡出土品」をテー
   マとしたシンポジウムの開催や、重要文化財の展示等を実施する予定です。

  ※参考
   天白遺跡は、松阪市嬉野釜生田町にある縄文時代後期中葉から晩期初頭(およそ3,500
   から3,000年前)の遺跡です。西日本では少ない大規模な配石遺構群を伴うことから、
   平成12年に国の史跡に指定されました。


関連資料

  • 天白遺跡出土品(土偶その1)(PDF(35MB))
  • 天白遺跡出土品(土偶その2)(PDF(52MB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-1732 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000268459