現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 産業 >
  4. 産業総合 >
  5. 新事業の創出促進に関すること >
  6.  クリ“ミエ”イティブ実証サポート事業で実証実験・社会実装のサポートを行う事業者(第2期)を決定しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  デジタル社会推進局  >
  3. デジタル事業推進課  >
  4.  新事業創出班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和03年11月06日

クリ“ミエ”イティブ実証サポート事業で実証実験・社会実装のサポートを行う事業者(第2期)を決定しました

クリ“ミエ”イティブ実証サポート事業において実証実験・社会実装のサポートを行う事業者(第2期)を下記のとおり4者採択しました。
                  記
1 事業者の選定方法
  第2期の募集については、28件の応募がありました。
  第1次審査(書面審査)及び外部審査委員(※)による第2次審査(プレゼンテーション審査)に
 より、4者を採択しました。

 ※外部審査員(五十音順)
  ・上島 憲 氏 (株式会社ネイベル 代表取締役、元伊勢商工会議所 会頭)
  ・上田 悠理 氏(株式会社Confie 代表取締役社長)
  ・北野 宏明 氏(株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長)
  ・西村 訓弘 氏(三重大学 特命副学長)
  ・平野 未来 氏(シナモンAI 代表取締役社長CEO)

2 採択事業者(五十音順)
  株式会社寿美家和久
  株式会社hakken 
  株式会社FullDepth
  RIZAP株式会社 
  ※事業詳細は別添事業者一覧表を参照

3 今後のスケジュールについて
  採択事業者や実証フィールドの関係者等と打ち合わせを行うなど、実証実験の実現可能性を確認したの
 ち、順次、実証実験を実施していきます。
 
※クリ“ミエ”イティブ実証サポート事業とは
 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、世の中の考え方・働き方は大きく変わってきており、感染収束後は感染拡大前の日常には戻らず、アフターコロナの新常態(ニューノーマル)となっている可能性が高くなっています。
 本事業では、こうした動きに伴い発生する新たな地域課題・社会課題の解決や、「新たな日常」の実現に向けて、革新的なビジネスモデル・テクノロジーで対応しようとする国内外の大企業・スタートアップ(第二創業・企業の新規事業を含む)等からアイデアを募集し、開発のサポートや実証実験・社会実装の支援等を行うことで、地域の課題解決に繋げるとともに、三重県から、全国に先駆けて感染防止対策や新しい生活様式のモデルが構築されることをめざします。


関連資料

  • 第2期採択事業者一覧表(PDF(298KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 デジタル社会推進局 デジタル事業推進課 新事業創出班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2227 
ファクス番号:059-224-2520 
メールアドレス:sougyo@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000256442