現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 感染症 >
  5. 三重県新型コロナウイルス感染症特設サイト >
  6.  濃厚接触者に特定された皆様へ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 感染症情報プロジェクトチーム  >
  4.  患者情報班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

濃厚接触者に特定された皆様へ

 突然新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者となり、「自分も発症してしまうのではないか」、「家族や他の人にうつしてしまったらどうしよう」と不安な気持ちでいらっしゃることと思います。
 新型コロナウイルス感染症を拡げず、あなたの大切な人を守るために、濃厚接触者となった方に注意してほしいことや、心配な症状が出てきた時にどうしたらよいかなどを説明します。

1 濃厚接触者とは
2 濃厚接触者が注意しなければならないこと
3 自宅での過ごし方
4 心配な症状が出てきたら
5 陽性になったら

 1 濃厚接触者とは  
 濃厚接触者とは、新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と、ウイルスがうつる可能性のある期間(症状が出る2日前から)に近距離での接触や長時間の接触があり、感染の可能性が相対的に高くなっている方を指します。
 目安としては、必要な感染予防策無し(マスク無、顎マスク等適切に着用できていない場合等)に1m程度以内で15分以上接触があった場合に濃厚接触になると考えられます。
 接触状況により感染の可能性は異なるため、保健所が調査し、濃厚接触者に該当するか判断します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【参考】濃厚接触者の定義 
 患者の感染可能期間において当該患者が入院、宿泊療養又は自宅療養を開始するまでに接触した者のうち、次 
 の範囲に該当する者
 ◎患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
 ◎適切な感染防護なしに患者を診察、看護若しくは介護していた者
 ◎患者の気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
 ◎その他: 手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、患者と15分 
  以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)
 参考:「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領」(令和3年1月8日改正)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2 濃厚接触者が注意しなければならないこと  
 濃厚接触者は、今症状がなくても今後症状が出てきて、感染者となる恐れがあります。そのため、感染者に準じた対応をすることになります。また、検査を受けて陰性でも、その後に症状が出てきて陽性となることもありますそのため、検査結果が陰性でも感染者と最後に接触してから14日間はご自身の健康状態に注意し(健康観察)、不要不急の外出は控えてください食料や日用品等の買い物は、濃厚接触者ではない同居者等にお願いするか、ネットスーパーの置き配を利用するなどして、外出を控えます。
 症状が出てきた場合には、感染しているという前提で対応する必要があります。

<健康観察方法>  
 ・1日2回(朝・夕)の体温測定  
 ・症状(咳、息苦しさ、鼻水、喉の痛み、頭痛、倦怠感、筋肉痛、味覚、嗅覚障害、下痢等)の有無の確認  

 〇My HER SYS(マイハーシス)での健康観察を案内された場合
 下記アドレスからご自身の情報と、保健所からお知らせしたIDを登録し、毎日の健康観察結果を報告してくだ 
 さい。    
  https://www.cov19.mhlw.go.jp/  
 
 【参考】各種利用ガイド  
  My HER-SYSご利用ガイド(ご本人用).pdf  
  My HER-SYSご利用ガイド(ご家族で利用される場合).pdf

3 自宅での過ごし方
 ① 濃厚接触者と他の同居者の部屋を分ける
 ② 濃厚接触者の世話をする人は、できるだけ限られた方(一人が望ましい)にする
 ③ 全員がマスクを使用する
 ④ 小まめにうがい・手洗いをする
 ⑤ 換気をする
 ⑥ ドアノブなどの共用する部分を消毒する
 ⑦ 汚れたシーツ類、衣服を洗濯する
 ⑧ ゴミは密閉して捨てる

① 濃厚接触者と他の同居者の部屋を分ける
  濃厚接触者が過ごす部屋と他の家族がいる部屋をできるだけ分けます。濃厚接触者は窓があるなど、換気の
 良い個室で過ごし、極力部屋から出ないようにし、同居人との接触を減らします。濃厚接触者は共有スペース 
 (トイレ、バスルームなど)の利用を最小限とし、換気を十分に行いましょう(窓をしばらく開けたままにす 
 るなど)。
  小さなお子さんがいる、部屋数が少ない、といった理由で、部屋を分けることができない場合は、感染者か
 ら少なくとも2m以上の距離を保つことや仕切りやカーテンなどを設置し、ウイルスが飛散して感染する可能 
 性を少しでも減らしましょう。
  食事、眠るときも別室にするのが理想的です。同じ部屋で寝るときは、頭が向き合うように枕の位置をそろ
 えて並んで寝るのではなく、互い違いにするだけでも、感染者の顔からの距離がとれるようになります。

② 濃厚接触者の世話をする人は、できるだけ限られた方(一人が望ましい)にする
   濃厚接触者の身の回りの世話が必要な場合、可能な限り一人に決めましょう(心臓、肺、腎臓に持病のある
 人、糖尿病の人、免疫の低下した人、高度の肥満がある人、妊婦等の方はなるべく避けて下さい)。

③ 全員がマスクを使用する
  濃厚接触者、同居者の両方がマスクを着用することで、ウイルスの拡散を防ぎます。
 マスクを外す際には、ゴムやひもをつまんで外し、マスクの表面には触れずに捨てます。マスクを外した後は 
 必ず石鹸で手を洗うか、アルコールで手指消毒をします。マスクが唾液や鼻水で濡れたり汚れたりした場合  
 は、すぐに新しい清潔なマスクと交換します。
 マスクが使用できない人は、咳やくしゃみをするときに口と鼻をティッシュ等で覆います。

④ 小まめにうがい・手洗いをする
   ウイルスのついた手で目や鼻、口などを触ると粘膜・結膜を通して感染することがあります。家族はこまめ 
 に石鹸を用いた手洗いもしくはアルコール消毒をしましょう。

⑤ 換気をする
  濃厚接触者のいる部屋は、定期的に換気をしましょう。他の同居者がいる部屋も換気をしたほうがよいで
 しょう。エアコンなどの空調や換気扇をまわすのもよいです。

⑥ ドアノブなどの共用する部分を消毒する
   タオル、衣類、食器、箸・スプーンなどは、通常の洗濯や洗浄を行います。濃厚接触者のものを分けて洗う 
 必要はありません。ただし、洗浄前のものを共用しないでください。特にタオルは、トイレ、洗面所、キッチ 
 ンなどで共用しないようにしましょう

  濃厚接触者が別の部屋で生活していても、トイレ、洗面所、浴室などを共用すると思います。ウイルスは物
 についてもしばらく生存しているため、ドアの取っ手や照明器具のスイッチ等にウイルスがついている恐れが
 あります。0.05%の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた漂白剤)で拭いた後、水拭きするか、アルコールで拭きま
 しょう。スプレーするだけでは不十分なので、必ずペーパータオル等で拭きましょう
  トイレや洗面所の清掃をこまめに行いましょう。清掃は、市販の家庭用洗剤を使用し、すすいだ後に、0.1%
 の次亜塩素酸ナトリウムを含む家庭用漂白剤を使用します。

 ⑦ 汚れたシーツ類、衣服を洗濯する
  新型コロナウイルス感染症の症状として下痢がみられることがあり、糞便からウイルスが検出されることが
 あります。体液で汚れた衣服やシーツ等を取り扱う場合は、手袋とマスクを使用し、一般的な家庭用洗剤を使
 用して洗濯機で洗濯をし、完全に乾かします。

⑧ ゴミは密閉して捨てる
  鼻をかんだティッシュなどにもウイルスがついています。同居者が触ると感染する恐れがあるので、すぐに 
 ビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨てましょう。その後は直ちに手洗いを行ってください。

4 心配な症状が出てきたら
① 急を要請する場合   
  意識が無い、呼吸苦が強いなど、急を要する状態のときは、119番をして「新型コロナウイルス感染症の濃 
 厚接触者である」ことを伝えてください。

②緊急ではないが受診したい場合
  保健所の担当者へご相談ください。   

 〇かかりつけ医等の医療機関への受診を案内された場合
  事前に「新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者である」ことを電話で伝えた上で、受診方法を相談してく
 ださい。受診の際は、電車やバスやタクシーなどの公共交通機関を使わずに受診してください。同居者等の運
 転で受診する場合は、全員がマスクを着用の上、窓を開ける、エアコンを中以上の風量にし、外気導入モード
 にする等換気を心掛けてください。

 〇受診・相談センターを案内された場合
 9時00分~21時00分(土曜日・日曜日・祝日も対応)
  桑名保健所   0594-24-3619
  鈴鹿保健所   059-392-5010
  津保健所    059-223-5345
  松阪保健所   0598-50-0518
  伊勢保健所   0596-27-5140
  伊賀保健所   0595-24-8050
  尾鷲保健所   0597-23-3456
  熊野保健所   0597-89-6161
  
  ※21時 00分から翌9時00分までは、 三重県 救急医療情報 センター (059‐229-1199) にお問い合  
   わせください。
  ※電話での相談が難しい場合は、メール( kansenta@pref.mie.lg.jp ) または FAX(059-224-2558) で
   ご相談ください 。

 5 陽性になったら
<積極的疫学調査>  
 陽性となった場合、保健所から調査(積極的疫学調査)のための電話があります。あなたの周囲の感染者や感染の恐れのある方を早期に発見し、感染拡大を食い止めるための大事な調査です。陽性者には、感染症法第15条により積極的疫学調査に協力する義務が課せられています。感染拡大を防ぐために、必ずご協力ください。  
 調査の結果、職場や学校などの所属や、濃厚接触者の方への連絡をお願いする場合があります。

<就業制限>  
 陽性となった場合、感染症法第18条に基づいて「就業制限」が課せられます。新型コロナウイルス感染症の蔓延を防止するために、仕事や学校に行くことはできません。ただし、体調に問題が無ければ、他の人と接触せずに療養先や自宅でリモートワーク、オンライン授業を受けることは可能です。

<入院する場合>  
 医療機関に入院する場合は、保健所から入院先や日時等の連絡があります。
(感染症法第19・20条に基づいて「勧告」を行います。)

<宿泊療養について>  
 新型コロナウイルス感染症に感染された方のうち、入院治療の必要がない軽症者や無症状者の方については、ご家族やご友人などへ感染を広げないよう、三重県が用意した施設において宿泊療養をお願いしております。宿泊療養についての詳細は以下のリンクを参照してください。

新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養について http://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/p0015700019.htm

<自宅療養する場合>  
 他の人に感染を広げないための自宅での過ごし方は濃厚接触者としての過ごし方と同じです。自宅療養についての詳細は以下のリンクを参照してください。

新型コロナウイルス感染症に係る自宅療養について http://www.pref.mie.lg.jp/RYOUYOPT/HP/m0349300002.htm


【参考サイト】
厚生労働省.「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
厚生労働省.「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00009.html
ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~ https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000601721.pdf 
国土交通省.「新型コロナウイルス感染防止に向けたバス・タクシーの車内換気について(要請)」 https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/special/sp20200306.pdf

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 感染症情報プロジェクトチーム 患者情報班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2747 
ファクス番号:059-224-2558 
メールアドレス:kansenjo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000255433