現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 感染症 >
  5. 三重県新型コロナウイルス感染症特設サイト >
  6.  濃厚接触者に特定された皆様へ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 患者情報プロジェクトチーム
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

濃厚接触者に特定された皆様へ

 突然、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者となり、「自分も発症してしまうのではないか」、「家族や他の人にうつしてしまったらどうしよう」と不安な気持ちでいらっしゃることと思います。
 新型コロナウイルス感染症を拡げず、あなたの大切な人を守るために、濃厚接触者となった方に注意してほしいことや、心配な症状が出てきた時にどうしたらよいかなどを説明します。
 

感染症対策業務の重点化について

 国からオミクロン株の特徴(潜伏期間、発症間隔が短い)を踏まえ、オミクロン株が主流の間は、全ての感染者に対する濃厚接触者の特定を実施せず、同一世帯内や重症化リスクの高い方が入院・入所している施設を対象に濃厚接触者の特定や行動制限を含めた積極的疫学調査を重点的に行うことを可能とする方針が示されました。 
 
 詳細は「こちら」をご覧ください。
 

濃厚接触者とは

 濃厚接触者とは、新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と、ウイルスがうつる可能性のある期間(症状が出る2日前から)に近距離での接触や長時間の接触があり、感染の可能性が相対的に高くなっている方を指します。
 目安としては、必要な感染予防策無し(マスク無、顎マスク等適切に着用できていない場合等)に1m程度以内で15分以上接触があった場合に濃厚接触になると考えられます。
 接触状況により感染の可能性は異なるため、保健所が調査し、濃厚接触者に該当するか判断します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【参考】濃厚接触者の定義 
 患者の感染可能期間において当該患者が入院、宿泊療養又は自宅療養を開始するまでに接触した者のうち、次 
 の範囲に該当する者
 ◎患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
 ◎適切な感染防護なしに患者を診察、看護若しくは介護していた者
 ◎患者の気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
 ◎その他: 手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、患者と15分 
  以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)
 参考:「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領」(令和3年1月8日改正)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

濃厚接触者の方へ 

 オミクロン株が主流である間、オミクロン株の特徴を踏まえ、濃厚接触者の待機期間等は以下のとおりとなります。
 新型コロナウイルス感染症の陽性判明者と最終接触した日を0日として、翌日から7日間(8日目解除)なりますが、4日目及び5日目の抗原定性検査キット(※)を用いた検査で陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かに関わらず、5日目から解除が可能です。
 ただし、7日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認(健康観察)や、高齢者や基礎疾患を有する者等感染した場合に重症化リスクの高い方(以下「ハイリスク者」という。)と接触やハイリスク者が多く入所・入院する高齢者・障害児者施設や医療機関への不要不急の訪問(受診等を目的としたものは除く。)、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避け、マスクを着用すること等の感染対策をお願いします。
 

※抗原定性検査キットは自費検査であり、薬事承認されたもの体外診断用医薬品を必ず用いてください。令和4年1月5日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡「新型コロナウイルス感染症の感染急拡大が確認された場合の対応について」に基づき、事業者が社会機能維持者に使用するために購入した抗原定性検査キットを活用することは差し支えありません。
 なお、無症状者に対する唾液検体を用いた抗原定性検査キットの使用は推奨されていません。
 また、事業主は業務の必要性を適切に判断し、業務に従事させる必要があると判断する場合には事業主として検査体制を確保するなど、従業員に過度の負担を強いることのないようご配慮ください。
 

【健康観察の方法について 】

 ・1日2回(朝・夕)の体温測定  
 ・症状(咳、息苦しさ、鼻水、喉の痛み、頭痛、倦怠感、筋肉痛、味覚・嗅覚障害、下痢等)の有無の確認
 

【My HER-SYSでの健康観察を案内された場合】

 下記アドレスからご自身の情報と、保健所からお知らせしたIDを登録し、毎日の健康観察結果を報告してください。    
  https://www.cov19.mhlw.go.jp/  
 
 【参考】各種利用ガイド  
  My HER-SYSご利用ガイド(ご本人用).pdf  
  My HER-SYSご利用ガイド(ご家族で利用される場合).pdf

 

濃厚接触者である同居家族等の待機期間について

 同居家族等(生活を共にする家族や同居者)の待機期間は、
・「検査陽性者の発症日(当該検査陽性者が無症状(無症状病原体保有者)の場合は検体採取日)」
 又は
・「検査陽性者の発症等により住居内で感染対策(※1)を講じた日」
のいずれか遅い方を0日目として、7日間(8日目解除)とします。ただし、4日目及び5日目の抗原定性検査キット(※2)を用いた検査で陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かに関わらず、5日目から解除が可能です。
 なお、7日間が経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認(健康観察)や、高齢者や基礎疾患を有する者等感染した場合に重症化リスクの高い方(以下「ハイリスク者」という。)と接触やハイリスク者が多く入所・入院する高齢者・障害児者施設や医療機関への不要不急の訪問(受診等を目的としたものは除く。)、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避け、マスクを着用すること等の感染対策をお願いします。

 ただし、同居家族等の中で別の家族が発症した場合は、改めてその発症日(当該別の家族が無症状の場合は、検体採取日)を0日目として起算します。
 また、検査陽性者が診断時点で無症状病原体保有者であり、その後発症した場合は、その発症日を0日目として起算します。

※1ここで言う感染対策は、日常生活を送る上で可能な範囲での、マスク着用、手洗い・手指消毒の実施、物資等の共用を避ける、消毒等の実施などの対策を想定しています。
※2抗原定性検査キットは自費検査であり、薬事承認されたもの体外診断用医薬品を必ず用いてください。令和4年1月5日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡「新型コロナウイルス感染症の感染急拡大が確認された場合の対応について」に基づき、事業者が社会機能維持者に使用するために購入した抗原定性検査キットを活用することは差し支えありません。
 なお、無症状者に対する唾液検体を用いた抗原定性検査キットの使用は推奨されていません。
 また、事業主は業務の必要性を適切に判断し、業務に従事させる必要があると判断する場合には事業主として検査体制を確保するなど、従業員に過度の負担を強いることのないようご配慮ください。

 なお、同居家族等の待機期間が終了した後も、検査陽性者の療養が終了するまでは、濃厚接触者の方も検温など自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の感染対策をお願いいたします。

 

心配な症状が出てきたら 

急を要する場合  

 意識が無い、呼吸苦が強いなど、急を要する状態のときは、119番に電話をして「新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者である」ことを伝えてください。
 

緊急ではないが受診したい場合

  熱、呼吸器症状(咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻閉など)、頭痛、倦怠感、下痢、嘔吐などの症状が出てきた場合は、以下の方法で医療機関を受診してください。
 なお、受診にあたっては、必ず事前に電話にて相談・予約をしてください。
 また、事前に「新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者である」ことを電話で伝えた上で、受診方法を相談してください。受診の際は、電車やバスやタクシーなどの公共交通機関を使わずに受診してください。同居者等の運転で受診する場合は、全員がマスクを着用の上、窓を開ける、エアコンを中以上の風量にし、外気導入モードにする等換気を心掛けてください。
 

かかりつけ医等の医療機関への受診する場合

  かかりつけ医等の身近な医療機関に電話でご相談ください。
 

かかりつけ医をもたない場合

  県が指定する「診療・検査医療機関」(発熱外来)一覧から、相談する医療機関を検索することが可能です。
    県が指定する診療・検査医療機関の一覧
  

相談する医療機関に迷う場合

相談する医療機関に迷う場合は、以下の「受診・相談センター」にご相談ください。
1)9時00分~21時00分(土曜日・日曜日・祝日も対応)
  桑名保健所   0594-24-3619
  鈴鹿保健所   059-392-5010
  津保健所    059-223-5345
  松阪保健所   0598-50-0518
  伊勢保健所   0596-27-5140
  伊賀保健所   0595-24-8050
  尾鷲保健所   0597-23-3456
  熊野保健所   0597-89-6161
2)21時00分から翌9時00分まで
      三重県救急医療情報センター 059-229-1199
      ※ 医療機関の紹介業務を行っております。症状の相談には応じかねますのでご了承ください。  

※電話での相談が難しい場合は、
    メール( covidan@pref.mie.lg.jp ) または FAX(059-224-2558) でご相談ください 。

 

自宅での過ごし方

 同居者がいる場合は、以下の点に注意してください。 
 
  • 部屋を分ける等し、同居者同士の接触をできる限り避けてください。
  • 石鹸と流水での手洗い、手指消毒、咳エチケットを心がけてください。
  • 手を触れる共有部分(ドアノブ、照明器具のスイッチ、トイレの便座やレバー等)は、濃度70%以上の消毒 用アルコール又は0.05%の次亜塩素酸ナトリウムで拭き、消毒を行ってください。
  • 鼻をかんだティッシュや使用した使い捨てマスクは、すぐにビニール袋に入れ、密閉し捨ててください。
 
【対応のご参考】
 厚生労働省「ご家庭内に新型コロナウイルスの感染が疑われる場合家庭内でご注意いただきたいこと
 ~8つのポイント~」
 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000601721.pdf
 
 厚生労働省・経済産業省・消費者庁「新型コロナウイルス対策身のまわりを清潔にしましょう。」
 https://www.meti.go.jp/press/2020/06/20200626013/20200626013-2.pdf
 

新型コロナウイルス感染症と診断された場合

  新型コロナウイルスの検査結果が陽性となり、新型コロナウイルス感染症と診断された場合、保健所による調査、就業制限、療養の案内等があります。感染拡大を防ぐため、必ずご協力ください。
  詳細は、以下のページをご参照ください。
  
  ・新型コロナウイルス感染症と診断された皆様へ
 

参考サイト(外部サイトへリンク)

厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

厚生労働省「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00009.html

国土交通省「新型コロナウイルス感染防止に向けたバス・タクシーの車内換気について(要請)」 https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/special/sp20200306.pdf

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 感染症情報プロジェクトチーム 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2747 
ファクス番号:059-224-2558 
メールアドレス:kansenjo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000255433