現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 学校教育 >
  6. 出前授業 >
  7.  勾玉作り体験学習
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター  >
  4.  活用支援課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

勾玉作り体験学習

  勾玉づくりを体験するプログラムです。
  古墳時代の歴史学習などにご活用ください。

   勾玉とは、弥生時代から古墳時代のアクセサリーのひとつで、豪族の首飾りや腕輪として使われていました。
 本物の勾玉はヒスイやメノウといったかたい石を使ってつくられていますが、体験学習では「滑石(かっせき)」という削りやすく軟らかい石を使用するため、比較的短時間で製作することができます。
勾玉作りの説明 ホンモノの勾玉、お持ちします!
自分だけの勾玉をつくることができます とにかく削る!
仕上げは、水のなかで磨きます 紐を通して完成!

参加者の感想

・昔の人はこんなものを使っていたのかと想像することができた。
・勾玉の形ができていくのがすごく楽しかった。
・昔の人は苦労して色々なものを作っていたんだなぁと思いました。
・自分だけの勾玉ができて良かった。大切にしたい。
・時間のかかる作業だったけど、とても楽しかった。
 

参考資料

「勾玉の説明&勾玉の作り方」

 
 
 


 ※出前授業では紙芝居として使用しています。
 ※データの表示や印刷を行うには、「Adobe Reader」が必要です。
 

勾玉の作り方&本物の写真資料

   
※イベント・出前授業では、手元用資料として使用しています。
※データの表示や印刷を行うには、「Adobe Reader」が必要です。

申し込みについて

対 象:小学校以上
時 間:90分程度
場 所:図工室が適しています。
   ※石を削る過程で粉が飛散します。
   ※仕上げの作業に水を使用するため、水場の近い教室をご準備ください。
道 具:作業用のコンテナ・水を入れるためのタッパー等は三重県埋蔵文化財センターが準備します。
準 備:「勾玉製作キット(石・紙やすり・紐がセットになったもの)」は、各学校で事前に購入をお願いいたしま   
   す(1点につき350円程度)。石を削る過程で粉が飛散するため、体育着等、汚れても構わない服装や、 
   マスクの着用が望ましいです。
   ※当センターでは勾玉材料などの販売やあっせんは行っておりません。
    各地域の文房具店などへお問い合わせください。

講座内容:① 勾玉の概要や、本物の勾玉観察。
     ② つくりかたを説明。
     ③ 各自製作(1人1点)。
     ※内容は時間や状況によってアレンジ可能です(要相談)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 活用支援課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7034 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000187484