現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 学校教育 >
  6. 出前授業 >
  7.  雲出小学校で出前授業を実施しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

雲出小学校で出前授業を実施しました

 平成30年5月10日(木)に、津市立雲出小学校で歴史学習の出前授業を実施しました。対象は、6年生2クラスの43名でした。
 はじめに、考古学とは読んで字の如く、「古い時代のことを考える学問」なのだと説明し、いつ・どこで・なにを・どのように・どうしたなどの、「WHY」(どうしてそうなった?)を念頭に授業に臨んで欲しい旨を説明しました。
 次に、縄文時代と弥生時代の比較をしました。「気候は暖かかったのか、それとも寒かったのか」「食べ物はどんな風にして、何を食べていたのか」などを話し合いながら、時代の変化とともに変わっていったもの・ことについて学びました。その一例が、「道具」と「武器」の違いです。縄文時代と弥生時代の石鏃(せきぞく)を実際に見比べながら、時代とともに変わっていった事柄について考えました。
 また、地元である雲出の遺跡についても学びました。現在と過去の地図を見比べ、出土した壺や高杯(たかつき)、甑(こしき)や陶磁器(とうじき)などに実際に触れながら、昔の人の知恵について知りました。「土器に触りたい人はいますか」と尋ねると、ほとんどの子どもたちが元気よく手を挙げたため、5人1列になって、全員が順番に土器に触れる時間を設けました。
 子どもたちは、土器を持ち上げて「重い」「すごい」と笑顔を見せるだけでなく、「土器の模様にも注目してみて」と言うと、「弥生時代は綺麗な横線でデザインしている」と注意深く観察している姿勢もみられました。最後に、今までみてきた土器が、毎日歩いている通学路などでも出るものだと知ると、驚きの声があがりました。
 歴史の授業というと、暗記科目という印象が強く、つまらない・苦手と感じる子どもたちも少なくありません。しかし、歴史は暗記するだけのものではなく、「考える学問」であり、遠い世界のことではなく、もっと身近にあるものなのだと感じてほしいと考えています。今後も全員が本物に触れることができる活動を通し、「気づき」の多い授業を重視していきます。
 アンケート調査結果はこちら

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-1732 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000214893