現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 雇用・仕事さがし >
  4. ワークライフバランス >
  5. 三重の働き方改革 >
  6.  三重の働き方改革/働くママの職場復帰体験談
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 雇用対策課  >
  4.  働き方改革・勤労福祉班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

おしごと三重

働くママの職場復帰体験談

「働くママの職場復帰体験談」について

「働くママの職場復帰体験談」では、産前産後休暇・育児休業を取得中の女性が復帰しやすい職場づくりに取り組む企業の参考になるよう、三重県内の企業等に勤務する女性従業員で育児休業等を取得した経験のある方(取得中の方を含む)を対象に、職場から離れた時の不安な思いや、企業へのメッセージを募集しました。

  • 募集期間:平成25年10月1日から平成25年12月27日
  • 募集方法:三重県のホームページおよびチラシ等で募集しました。

育児休業等を取得中の女性の職場復帰支援のポイント

  • 職場から離れていることで孤独感を持つ方も少なくありません。企業から随時、連絡をとることで孤独感を解消しましょう。具体的には、経営者や上司からの電話や、社内報を送付するなどといった取り組みが考えられます。
  • 復帰後も同じ仕事に就けるかどうかは育児休業中の女性にとって大きな関心事です。休業前には復帰後の配置や、働き方について話合うとともに、復帰後の配置が決まり次第、早めに連絡をしましょう。
  • 職場の業務内容が日々変化するなか、育児休業によるブランクで業務知識が時代遅れになることに多くの方が不安を持っています。復帰直前や直後に教育訓練の場を提供することや、休業中に業務に関する資料を送付することで業務知識の習得の機会を提供しましょう。
  • 長い間、仕事を休んでいることで同僚に迷惑をかけていないかと人間関係に悩む方も少なくありません。できるかぎり育児休業中の職場訪問の機会を作りましょう。親睦会などがあれば声をかけるのも一つの方法です。誕生した子どもをみれば、育児に対する同僚の理解も得られやすくなるでしょう。

三重県内の産前産後休暇・育児休業取得者の声

復帰にあたって最も不安だったこと

  1. 産休・育休中は、自分の居場所がなくなってしまうのではないかという不安がありました。また、復帰後は育児のために働くことができる時間が制限されるので、会社や同僚に大きな負担をかけるのではないかという不安がありました。
  2. 産後は体調がすぐれなかったので、復帰後に同僚と同じ内容の仕事がこなせるか不安でした。また、ブランクから技能が低下し、うまく結果が出せなくなるのではないかと不安でした。
  3. 日々、業務に関する情報が新しくなっていくので、復帰してからついていけるか不安です。
  4. 仕事、家事、子育てが両立できるかどうか不安でした。

上司や同僚に対応・配慮いただいたこと

  1. 産休前に体調が悪くなったことで、早めに休暇を取得させていただいた。快く引き受けていただき、おかげで無事出産できました。
  2. 同僚には、さらに忙しくなる状況において自分の仕事を引き継いでいただいた。
  3. 休んでいる間の会社の出来事や仕事内容の変更点を時系列に一覧表にしてくれていました。
  4. 育休後は同じ営業に復帰させていただきましたが、担当エリアを勤務先近くに変更するなどの配慮をいただくほか、復帰時期を保育園の入園時期にあわせるなど、個人事情を考慮していただきました。
  5. 休業に入る前は職場が一番忙しい時期でしが、残業をしなくてもいいようにしていただいたほか、検診の際は有給休暇をとりやすくしていただきました。

休業中に会社(上司など)から連絡がありましたか

  1. 上司から定期的にお電話をいただきました。休みの間の会社の状況を教えていただいたほか、女性の上司であることから子育ての相談にも乗っていただきました。おかげで復帰の不安が解消しました。
  2. 総務担当者から毎月、社内報を郵送いただき、会社とのつながりを感じることができました。
  3. 同僚からの連絡で仕事や同僚の近況報告があり、休んでいても会社の様子がよくわかりました。

休業中に職場訪問、または参加した会社行事がありましたか

  1. 給付金の手続きのため、2ヶ月に1回は会社に訪問しました。子どもと一緒でしたが、同僚がみんな温かく迎えていただき、育休中も会社とつながりがある感じでした。
  2. 同僚の送別会に参加しました。久々に職場のみんなと会うことができ、職場の状況が聞けたほか、子育て中の上司と話すことができ、復帰後の不安解消につながりました。
  3. 年末の忘年会に声をかけていただき、うれしかったです。
  4. 数回は会社を訪問しました。特に用事がなくても顔を出して、同僚とコミュニケーションを取ったほか、復帰後の仕事内容について上司と話をしました。
  5. 社内サークル活動に参加しました。土日に子ども連れで参加できるので参加しやすかった。

復帰前後に教育訓練の機会がありましたか

  1. 復帰後に女性職員向けの研修に声をかけていただきました。女性だけの参加ということで、仕事と育児の両立について意見交換ができる良い機会です。
  2. 勤務先からは復帰に向けた教育訓練の機会はいただきませんでしたが、必要性を感じて週末の休日を利用して講習会に参加しました。

スムーズに復帰するために、会社に行なって欲しかったこと

  1. 復帰直後は半日だけ働く期間を設けるなどといった“慣らし期間"があると、精神面や体力面で不安が少なくなると思います。
  2. 業界の情報が得られる資料を送ってほしかった。復帰に向けた勉強会があるとよい。
  3. 体調がすぐれないことを会社に伝えましたが、厳しい口調で対応された。復帰に対する強い不安を覚えたので、いたわりの心をもって対応して欲しい。

その他

  1. 育休中の女性が復帰しやすい職場には、復帰後に休日勤務や夜間勤務ができるかといった働き方に対する会社の配慮と、同僚の理解が不可欠だと思います。
  2. 職場が男性ばかりで女性は自分ひとりであるため、女性の悩みを相談できない雰囲気です。何でも相談できるように職場には配慮していただきたい。
  3. 復帰後は仕事に慣れるまで短時間勤務を許可していただいたので、このような取り組みを行う企業が増えれば、女性が働く場が増えると思います。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 雇用対策課 働き方改革・勤労福祉班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2454 
ファクス番号:059-224-2455 
メールアドレス:koyou@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000047956