現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 雇用・仕事さがし >
  4. ワークライフバランス >
  5. 三重の働き方改革 >
  6.  三重の働き方改革 企業でのワーク・ライフ・バランス
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 雇用対策課  >
  4.  働き方改革・勤労福祉班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

おしごと三重

「働き方改革」のサイトについて

当サイト(「働き方改革」)は、男女が性別にかかわりなくその個性と能力を十分に発揮する機会確保を図るべく、また、少子化が進むなか次世代育成支援を図るべく、三重県内の企業の働き方改革(企業でのワーク・ライフ・バランス)を推進する目的で作成しました。
これから働き方改革の取り組みを行う企業や、さらに取り組みを進めたい企業の参考になるよう、働き方改革の取り組みの進め方を解説した「働き方改革推進プログラム」や、県内の身近な企業の取り組み事例などを掲載いたします。

働き方改革(企業でのワーク・ライフ・バランス)とは?

ワーク・ライフ・バランスの意味

「ワーク・ライフ・バランス」とは、仕事上の責任を果たしつつ、「仕事」と子育てや親の介護、自己研鑽、地域活動など「仕事以外の生活」とのバランス(調和)がとれ、その両方が充実している状態をいいます。
「バランス(調和)」という言葉から、仕事と生活の配分時間が同じであること、個人の環境やライフサイクルに関係なく、誰もが同じバランスであることと勘違いされがちですが、仕事と仕事以外の二者択一ではなく、自分が希望するバランスで生活できることが大切です。
また、「ワーク・ライフ・バランス」は「働き方」改革であると言われるようにこれまでの仕事のムダを見直して、短い時間で同じ効果をあげることを目指すものです。そのためには、時間の使い方の見直しや自己管理(タイムマネジメントなど)、仕事の進め方の見直し等による効率化など、まず働き方の見直しの推進が必要であり、合わせて時間外勤務の縮減、年次有給休暇の取得促進、各種制度の整備と取得促進などを含めた「働き方の改革(企業でのワーク・ライフ・バランス)」が重要です。

働き方改革(企業でのワーク・ライフ・バランス)の効果

働き方改革(企業でのワーク・ライフ・バランス)を実践すると、社員にはメリハリのある仕事により、生活(心と身体)にゆとりが生まれ、このことが仕事に対する意欲を高め、質の高い仕事につながります。
企業にとっては、業務改善による効率性(生産性)の向上、社員の会社や仕事に対する満足度の向上、社員の定着と優秀な人材の確保などの効果が得られます。
つまり、働き方改革(企業でのワーク・ライフ・バランス)の本質は、「社員のやる気を引き出しつつ、業務体制を見直すことによる個人と組織の効率性(生産性)の向上」です。

なぜ、働き方改革(企業でのワーク・ライフ・バランス)が重要か?

経済・社会環境の変化への対応

消費市場でのニーズの多様性、経済のグローバル化の進展など、経済状況の変化への対応が企業の存続にとって重要となっています。
また、少子高齢化は、中長期的に労働力人口の減少を招くだけでなく、共働きの家庭が主流となる現象をもたらし、働きながら子育てや介護を担う人は今後ますます増加し、働くことだけに専念できる人は少数派になりつつあります。
これらの状況の中、企業が経済社会への変化の中で事業を継続・発展するためには、若者はもちろん、女性・高齢者など多様な働き方のニーズを持つ人たちを企業で積極的に活かしていくことが必要であり、そのためには働き方の改革(企業でのワーク・ライフ・バランス)が重要です。

年齢3区分別人口の推移
性、年齢階級別労働力・女性の潜在的有業率

長時間労働の見直しと業務効率(生産性)の向上

労働者の労働時間は、正社員は長時間労働を、非正社員は短時間労働を余儀なくされるなど、労働時間の・ノ化が進んでいます。
長時間労働は、社員の心と体に悪影響を及ぼし、企業として優秀な人材を失うことにもつながります。特に若い社員の3年以内の早期離職率は高い傾向が続いています。
平成23年に三重県が労使団体や三重労働局と実施した「ワーク・ライフ・バランス実態調査」(以下「実態調査」という。)の結果から、ワーク・ライフ・バランスに対する取組意欲が高い事業所ほど社員の時間外勤務時間は減少する、あるいは業務効率(生産性)が向上する傾向が明らかになっています。
長時間労働を改善し、またそのことを契機に仕事の見直しを積極的に進めることが、時間外勤務の縮減、経費の削減、業務効率(生産性)の向上、さらには社員の健康保持、長期休業者の減少などにつながることから、働き方の改革(企業でのワーク・ライフ・バランス)が重要です。

グラフ
グラフ

社員の意欲向上と職場への定着

働き方改革(企業でのワーク・ライフ・バランス)の推進は、社員の会社への満足度や仕事への意欲が高まり、会社に対する忠誠心や能力発揮の向上につながり、また、結婚・出産を機に退職する女性社員が減り、女性の管理職も増加するといわれています。
県等が行った実態調査でも、ワーク・ライフ・バランスに対する取組意欲が高い事業所ほど、社員の仕事に対する意欲、会社に対する満足度は高い傾向が明らかであり、業務効率(生産性)の向上、会社の業績に影響する傾向が表れています。
社員の仕事への意欲や会社への満足度の向上は、社員の会社への定着、さらに効率的に働こうとする動機付けにもなることから、働き方改革(企業でのワーク・ライフ・バランス)が重要です。

グラフ
グラフ

優秀な人材の確保

仕事に対する意識は、男女ともに変化してきています。女性の働き方では「子どもができてもずっと働き続ける」という考え方が男女とも多数派になりつつあります。また、仕事と仕事以外の生活を両立できる環境にある会社かどうかは、若い世代での関心が高くなってきており、若手人材の確保にも大きな影響があるといわれています。
さらに、仕事と生活の両立支援策と社員の人材育成策を合わせて行うと、相乗効果で企業業績にプラスの影響がでるともいわれています。県等が行った実態調査でも従業員の会社に対する満足度が高い事業所ほど、売上が増える傾向にあり、従業員の自己啓発・能力開発の支援制度と売上でも同様の傾向が表れています。

グラフ
グラフ

三重県の働き方改革関連の資料・調査結果

当サイトの「資料・関連リンク集」には、三重県の働き方改革関連の資料や、過去の調査結果を掲載していますので、ご活用ください。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 雇用対策課 働き方改革・勤労福祉班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2454 
ファクス番号:059-224-2455 
メールアドレス:koyou@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000047957