現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. お知らせ情報 >
  4. 職員採用 >
  5. 県職員・警察官等採用 >
  6. 職種・仕事紹介 >
  7.  先輩職員の声(行政)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  人事委員会事務局  >
  3. 人事委員会事務局  >
  4.  職員課(任用班) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県職員採用のご案内

先輩職員の声(行政)                       

先輩職員(行政)

防災対策部 災害対策課

坂内 広輝

Sakanai Hiroki

 

平成19年4月採用

(異動歴)

H19.4  政策部統計室

H21.4  熊野保健福祉事務所

              福祉相談室

H24.4  地域連携部スポーツ推進局

     スポーツ推進課

H26.4  現所属

   平成27年2月18日現在

 

Q なぜ三重県職員になろうと思ったのですか?

A 大学進学で三重県を離れてみて、ふるさと三重県ってええとこやったんやなぁとその魅力を再発見することができました。ふるさとのために、様々な分野で貢献できるチャンスがある県職員を志望しました。
 また、両親や祖母の近くで働き、家族に恩返しをしたいと思ったことも、三重県に戻って就職することを決めた理由のひとつです。

Q 災害対策課は、どんな仕事をしているところですか?

A 災害から県民の皆さんの命や財産を守るための「防災体制の整備」を推進しています。
 具体的には、知事を本部長として災害応急対策等を行う災害対策本部の体制の整備、市町と連携して災害対応を行うための体制の整備、大規模な災害に対応するための広域防災拠点施設の整備、防災意識や災害対応力の向上を目的とした防災訓練の実施、救助活動等を行う防災ヘリコプター「みえ」の運行管理などの業務を行っています。

Q そのなかで坂内さんは、どのような仕事をしていますか?

 

A 災害に対して、防災対策部だけで対応していくには限界があります。県の組織が一体となって取り組むこと、市町や他県などの関係機関としっかり連携して取り組むことが重要です。
 こうした中、私は、災害対策本部機能の充実に向けて、県の関係部局等と一緒に取り組んでいけるよう、意見交換等を通じて調整を行う業務を担当しています。また、東海三県の防災体制の構築に向けた取組など、関係機関との連携に関する業務も担当しています。

#

Q 仕事の「やりがい」はどのような時に感じますか?

A 職場のみんなで力を合わせて大きな仕事をやり遂げた時です。
 災害対策課は、突発的な事態への対応も多く、業務量も少なくありませんが、柔軟に相談にのっていただける上司・先輩の方々に恵まれ、職員同士のチームワークもとても良いです。
 総合防災訓練の準備・運営には、課が一致団結し、身を粉にして取り組みました。訓練終了後は、非常に達成感があり、全員で喜びを分かち合うことができました。私はまだまだ助けてもらうばかりですが、今後は、課員のサポートもできるようになっていきたいと思います。

Q 仕事でこれまでで印象に残っていることは?

A 平成26年台風19号が三重県に接近するにあたり、緊急派遣チームのメンバーとして、紀宝町に派遣され、災害対応にあたったことです。町職員の方々と共有させていただいた災害対応の最前線での業務は貴重な経験になりました。

Q 受験希望者へのメッセージをどうぞ!

A 様々な分野の仕事を通じて、新たな出会いや刺激があり、自分の成長につなげられることが県庁で働く魅力です。三重県のために一緒に汗をかける日を楽しみにしています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 人事委員会事務局 職員課 任用班 〒514-0004 
津市栄町1-891(勤労者福祉会館4階)
電話番号:059-224-2932 
ファクス番号:059-226-7545 
メールアドレス:saiyo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000126624