現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. お知らせ情報 >
  4. 職員採用 >
  5. 県職員・警察官等採用 >
  6. 職種・仕事紹介 >
  7.  先輩職員の声(福祉技術)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  人事委員会事務局  >
  3. 人事委員会事務局  >
  4.  職員課(任用班) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県職員採用のご案内

先輩職員の声(福祉技術)                       

#

あすなろ学園 医療連携室

福田 綾

Fukuda  Aya

平成16年4月採用

(異動歴)

H16.4 北勢児童相談所

H18.4 紀州児童相談所

H21.4   現所属

 

平成24年3月8日現在

 

Q あすなろ学園は、どんな仕事をしているところですか?

A #あすなろ学園は児童精神科の病院かつ第一種自閉症児施設であり、自閉症を含達障がいや知的障がい・情緒障がい・精神障がいなどの子どもたちが外来通院したり、入院治療を行ったりしています。その中にある医療連携室での仕事は、入院児・外来児について地域との連絡調整などを行うケースワーク業務、心理検査や心理療法といった心理業務、こころの相談電話、広報啓発活動など多岐にわたっています。10数名の職場ですが、保健師や心理士などの専門的な知識やスキルをもった人たちが多く働いています。

Q そのなかで福田綾さんは、どのような仕事をしていますか?

A 私は心理職として働いています。あすなろ学園に通院中や入院中の子どもたちに対して知能検査や描画検査などの心理検査を行い、アセスメントに役立てられるようにその結果をまとめています。そして特に入院児の場合は病棟のケースカンファレンスに参加して、心理的な立場からの情報や意見を伝えています。また心理療法を行うなど、子どもたちの治療にも関わっています。

Q 仕事の「やりがい」はどのような時に感じますか?

A アセスメントが助言に繋がったときやチームで有効な支援が行えたときなどは、やりがいを感じます。また大きな“やりがい”というわけではありませんが、ほんのちょっとしたところで、子どもの成長が感じられたり、子どもとの関係が深まってきたと感じられたりする時に、じんわりと「やってきてよかったなあ・・」と思えることが多いです。

Q 仕事でこれまでで印象に残っていることは?

A 一つ一つの出会いが印象的であり、書き尽くせないほどです。挙げるとすれば、以前に関わっていた子どもと数年後に再会して、いろいろな人に支えられながら元気で頑張っている姿をみることができた時は、本当に感動しました。

Q 受験希望者へのメッセージをどうぞ!

A 様々な人たちの生き様や人生に触れる職場・職種です。相談を受ける立場ではありますが、親御さんの話を聞きながら「こんな大変な中でもお子さんを必死で守っていらっしゃる、すごい!」と感服することがしばしばあり、自分も子どもたちと一緒に成長させてもらっているなあと感じます。また職場の先輩たちは勉強熱心で親切に教えてくれる人たちばかりなので、安心して働いてもらえると思います。頑張ってください!

本ページに関する問い合わせ先

三重県 人事委員会事務局 職員課 任用班 〒514-0004 
津市栄町1-891(勤労者福祉会館4階)
電話番号:059-224-2932 
ファクス番号:059-226-7545 
メールアドレス:saiyo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000033180