現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. お知らせ情報 >
  4. 職員採用 >
  5. 県職員・警察官等採用 >
  6. 職種・仕事紹介 >
  7.  先輩職員の声(総合土木)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  人事委員会事務局  >
  3. 人事委員会事務局  >
  4.  職員課(任用班) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県職員採用のご案内

先輩職員の声(総合土木)                       

先輩職員(総合土木)1

県土整備部 道路建設課

川端 徹

Kawabata  Toru

平成16年4月採用

(異動歴)

H16.4  伊勢建設事務所 事業推進室

H19.4  福井県土木部高規格道路推進課(派遣)

H21.4  松阪建設事務所保全室

H24.4  現所属

 

平成25年3月8日現在

 

Q 道路建設課は、どんな仕事をしているところですか?

A 当課では、道路の整備を進めるために国の機関との調整や事業内容の審査などの業務を行っており、その中でも私のグループは、橋梁の設計審査や市町の道路事業にかかる指導等を業務としています。 

Q そのなかで川端徹さんは、どのような仕事をしていますか?

A 市町の道路事業に関する業務を担当しています。具体的には市町が行う道路事業の実施に際して、国から補助金の交付を受けるために国の関係機関と調整を行う業務のほか、補助金を受けて事業を行うためには、道路法に示された規格に適した道路を造ることが求められるため、適正に事業が執行されるよう、県内市町の道路管理者に対し、事業の審査や指導を行っています。

Q 仕事の「やりがい」はどのような時に感じますか?

 

A 市町の道路事業は、国や県の幹線道路とは違い地域に密着した道路事業であり、小規模な道路改良や生活道路の修繕工事が多く行われています。その中で各市町が地域の情勢に応じ工夫を凝らした事業を企画してきたり、様々な制約がある中で事業を行う必要があったりと多岐にわたる事象が発生することが多々あります。そのような個々の道路事業に対し、市町と共に事業内容の検討を重ね、地域住民に対し、より良い道路空間や生活環境の提供が出来たときにやりがいのある仕事だと感じます。

 

 

 


先輩職員(総合土木)2

Q 仕事でこれまでで印象に残っていることは?

A 現職場の前の職場では、出先の地域機関で道路の維持保全を行う業務を担当していました。道路が健全な状態を保つため、小規模な補修や道路施設の維持管理、地域からの要望などに答えるための対応等、現場・地域に密着した第一線での業務です。印象に残っているのは、台風による災害の時です。崩落や倒木などで通行止めになった現場へ直行して、暴風雨の中チーム一丸となって土砂の撤去等に対処し、そのかいあって早期に交通開放を行うことができました。そして近くの住民の方々から感謝の言葉を頂いた時は、本当に達成感を感じ、業務の一層の励みとなりました。

Q 受験希望者へのメッセージをどうぞ!

A 公務員の土木技術職は、企画段階から設計・工事その後の維持管理と幅広く全てのことに対し携わっていきます。そのため、学ぶことも多くありますが、一所懸命取り組めば、多くの経験を積むことができ、やりがいのある仕事となります。みなさんのアグレッシブな姿が見れることを楽しみにしています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 人事委員会事務局 職員課 任用班 〒514-0004 
津市栄町1-891(勤労者福祉会館4階)
電話番号:059-224-2932 
ファクス番号:059-226-7545 
メールアドレス:saiyo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000033190