このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。


現在位置:
  1. ホーム >
  2. 外来案内 >
  3.  整形外科・小児整形外科医師紹介

整形外科・小児整形外科:医師紹介

 nishimuraDr

 

西村 淑子


【役職】医長

【資格】
医学博士
日本整形外科学会・専門医
日本リハビリテーション医学会・専門医および指導医
三重大学医学部整形外科・臨床教授
三重県小児セラピー研究会アドバイザー
三重県義肢装具・リハビリテーション研究会幹事
東海小児整形外科懇話会幹事
三重県障害児就学指導委員会委員
三重県小児保健協会理事
身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)

【卒業年次】三重大学医学部 平成10年卒

【自己紹介】
 私の次男が先天性心疾患のため生後4ヶ月に手術を受けました。その際に付き添い入院、介護などを経験し、子どもの将来に不安に感じ、子どもの成長にどのように支援したらいいか真剣に考え、体の不自由な子供の医療について取り組むようになりました。一見クールに見えるようですが、面白いことが大好きで、よく笑います。まだまだ勉強しなければいけない事がたくさんあります。体の不自由なお子さん、ご家族の方に親身になって相談、治療をさせていただけるように努力いたします。どうぞよろしくお願い致します。
 

  nishimuraDr

 

堀川 一浩


【役職】主幹

【資格】
医学博士
三重大学医学部整形外科・臨床准教授
日本整形外科学会・専門医
中部日本整形外科災害外科学会評議員
身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)

【卒業年次】三重大学医学部 昭和61年卒

【自己紹介】
 体を動かすのが好きで年間を通じ自転車に乗っています。特にロングライド、ヒルクライム(峠に上ること)が好きです。冬はスキー、スノーボードをしています。また、旅行も好きで夏休みには青春18きっぷで乗り鉄をしています。
 

 niiDr

 

 

二井 英二


【役職】鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部
               理学療法学科 特任教授

【資格】
医学博士
日本整形外科学会・専門医(元)
日本リハビリテーション医学会・専門医および指導医(元)
日本小児整形外科学会・功労会員
中部日本整形外科災害外科学会・功労会員
東海小児整形外科懇話会・名誉会員
三重県小児セラピー研究会 世話人
身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)

【卒業年次】三重大学医学部 昭和51年卒

【自己紹介】
性格:明るくのんきにみえるかもしれませんが、実際は結構神経質で気が小さく、人見知りも強くて、かなりのアガリ症です。
趣味:①カメラ:デジタルカメラはペンタックス一点張り、被写体にはこだわりは無く、とにかくシャッターを切るのが大好き。クラシックカメラは、130年前の木製蛇腹カメラをはじめ360台ほど集め、現在も増殖中。②落語鑑賞:古今亭志ん朝さんのCD、DVDは全て所有し、葬儀に参列、墓参するなど病的なファン。
 

 

西山 正紀


【役職】国立病院機構三重病院
            リハビリテーション科 医長

【卒業年次】三重大学医学部 昭和62年卒

【資格】
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本医師会認定産業医
中部日本整形外科災害外科学会評議員
東海小児整形外科懇話会幹事
三重大学医学部臨床教授

【留学】
平成13年 アメリカ シュライナース小児整形外科病院:内反足手術、下肢変形矯正、脳性麻痺児に対する下肢手術などの小児整形外科領域を研修
 

 

 

多喜 祥子


【役職】国立病院機構三重病院 整形外科 医員

【資格】
三重大学医学部整形外科・臨床准教授
日本整形外科学会・専門医
日本麻酔科学会・標榜医
身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)

【卒業年次】三重大学医学部 平成14年卒

【自己紹介】
 性格は明るくおもしろいことが好きで、いつも笑顔でいたいと思っています。おしゃべりは好きな方だと思いますが、恥ずかしがり屋です。モットーは「自分で決めて、自分で決めたことには責任を持つ!」父からの教えで、私の人生の分岐点ではいつもこれを心に道を決めてきました。
 今は仕事、育児、家事に毎日忙しく、趣味はほとんど封印中ですが、子どもが産まれるまではランニング、ゴルフ、スノーボードなど運動が大好きでした。好奇心旺盛でなんでもやってみるタイプなのですが、今の楽しみは子どもたちが寝た後、家事をしながらお酒を飲んでドラマを見ることと、子どもたちを送り出したあと車の中で熱唱することぐらいで・・・。
 子どもが二人います。子どもの個性はいろいろですがそれを受け入れること、親として子供の人生を請け負い命を守ることなど大変さを感じています。草の実に通院されるお子さんの気持ち、家族の方の気持ちは本人にしかわかりえないとは思いますが、気持ちに寄り添って少しでもお役にたてればと思っています。
 

外来診療のご案内
児童精神科
整形外科・小児整形外科
リハビリテーション科
  • 医療関係者の皆様へ
  • 地域支援の取り組み
  • センターの取り組み