このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。


現在位置:
  1. ホーム >
  2. 医療関係者の皆さまへ >
  3.  看護部長挨拶


看護部長挨拶

 三重県立子ども心身発達医療センターは、発達支援が必要な子どもが健やかに成長できるよう、子どものこころとからだの発達に関する専門医療・福祉機関です。

 児童精神科での入院や通院の対象は、様々なこころの問題をもって援助を求めている18歳までの児童・青年です。児童精神科看護師は、子どもに寄り添い、子どもの話を聴き、成長発達段階にある子どもを理解し、子どもの力を伸ばしていく支援を行っています。

 小児整形外科、小児リハビリテーション科の対象は、医療機能及び小児に対する福祉機能を併せ持つ肢体不自由児です。小児整形外科の看護師は、子ども達が生涯を通じて主体的に社会生活を送れるよう、個別的な指導・支援を行っています。

 病院に隣接して県立の特別支援学校の小学校・中学校の分校があり、入院児の教育を保障しています。また、看護師だけではなく、様々な職種と協働してチーム医療を行っています。医療・福祉・教育が連携した総合拠点としています。

 職員間のチームワークとアットホームな雰囲気で職員が楽しく働け、お互いの立場を尊重し安心・信頼できる職場を目指しています。

外来診療のご案内
児童精神科
整形外科・小児整形外科
リハビリテーション科
  • 医療関係者の皆様へ
  • 地域支援の取り組み
  • センターの取り組み