このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。


現在位置:
  1. ホーム >
  2. 医療関係者の皆さまへ >
  3.  看護師教育・自己研鑽


看護師教育・自己研鑽

教育理念

  三重県立子ども心身発達医療センターの看護理念を実現するため、社会の変革に適応できる知識と看護実践力を持ち、感性豊かで創造的な看護職員を育成する。

教育目的

①看護職員が看護実践を通して自己実現でき、専門職業人として主体的に学習できるように各自のキャリアに応じた教育的支援を行う。

②医療チームの一員としてより良い人間関係を保ち、自己の役割を果たし社会人としての自己責任を持ち主体的に行動がとれる看護師を育成する。

教育目標

①各自の目標達成に向けて、計画的に自己教育力が持てるよう支援する。

②看護職員に研修や教育情報を提供し、教育的環境を整える。

③医療チームの一員として役割責任を自覚しリーダーシップが発揮できる人材を育成する。

④患者中心の視点で自律的な思考・判断・行動ができる人材を育成する。

⑤問題意識や研究的視点を持ち、看護研究ができる人材を育成する。

教育システムと体制

 看護師教育は、三重県立病院看護キャリアラダーに基づき、個々のスタッフがそれぞれのレベルに応じた目標を設定し、段階的に能力アップを図るシステムをとっています。また、新規採用者にはプリセプターシップによって教育・指導を行っています。

1.三重県立子ども心身発達医療センターキャリア開発プログラム(CDP)

  児童精神科看護、肢体不自由児看護に必要な臨床実践能力(看護実践能力、組織的役割遂行能力、自己教育・研究能力)の各能力の習得を自己評価し、能力アップとキャリア開発の促進に繋げます。

2.個人目標シート

 病院・看護室の理念に沿って自分のなりたい将来像を描き、今年度の目標・具体的計画、将来の自己イメージ、自分作りのための希望の項目を年度当初に記入し、所属責任者に提出します。年度の中間、期末に活動を振り返り、自己評価を記入します。各面談時に使用し、年度末に上司からのコメントを受けます。
 

3.ポートフォリオ(書類の管理)

 個人目標シート、キャリア開発プログラム(CDP)、新規採用者は、新採用者チェックリスト、研修受講記録、研修資料などを各自がファイルします。

4.精神科認定看護師の役割

 現在3名が取得。
 三重県職員として、キャリアラダー(レベルS)に沿い、到達目標や能力アップを目指します。児童・思春期に発見される疾患(発達障がい、虐待、人格障がい等)について、家族を含めた治療を支援するための知識と技術を持ち、学校や関連諸機関等と連携を図りながら教育的配慮を行います。

院内教育

 ①研修策定の企画による研修

 ②看護教育委員会の企画による研修

 ③その他 事例検討会など

 ④各部署研修

院外教育

①三重県看護協会、日本精神科看護協会、全国児童青年精神科医療施設研修会、全国児童青年精神医学会など

②全国肢体不自由児療育研究大会、東海・北陸・近畿ブロック肢体不自由児療育研究会、摂食・嚥下指導講習会、重症障害児(者)医療看護師講習会、肢体不自由および重症心身障害の児童に関わる看護師講習会など

外来診療のご案内
児童精神科
整形外科・小児整形外科
リハビリテーション科
  • 医療関係者の皆様へ
  • 地域支援の取り組み
  • センターの取り組み