このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 本会議 > 意見書・決議 > 令和2年定例会9月定例月会議で可決した意見書(10月19日可決分) > 子どもたちの豊かな学びを保障するための教職員定数改善計画の策定・実施と教育予算の拡充を求める意見書

子どもたちの豊かな学びを保障するための教職員定数改善計画の策定・実施と教育予算の拡充を求める意見書

子どもたちの豊かな学びを保障するための教職員定数改善計画の策定・実施と教育予算の拡充を求める意見書

 子どもたちの豊かな学びを実現するためには、教職員定数の改善が、最も重要な環境整備の一つである。
 しかしながら、本県を含む我が国の1クラス当たりの児童生徒数は、国際的な比較において高い水準にある。
 このような中、新型コロナウイルス感染症の拡大により、各学校では分散登校などこれまでにない対応を行っている。新型コロナウイルス感染症対策を講じながら子どもたちの学びを保障するには、その取組を進めるための人的・物的体制の整備を行うことが必要である。
 教職員が心身共にゆとりを持って子どもたちと向き合い、日々の教育活動に取り組むことは、子どもたちの豊かな学びを保障するための基盤となるものであり、どのような事態が生じても教職員が適切かつ円滑に対処し、子どもたちの安心・安全につなげるためにも、新たな教職員定数改善計画の策定・実施が求められている。
 また、学校における働き方改革が叫ばれる中、人的配置のための予算措置をはじめとする財政措置はいまだ不十分であり、国際的にも教育に対する公財政支出は低い状況にある。山積する教育課題を解決するためには、必要な予算を措置し、教育環境の整備を進めていくことが必要である。
 よって、本県議会は、国において、子どもたちの豊かな学びを保障するための教職員定数改善計画の策定・実施と教育予算の拡充を行われるよう強く要望する。
 
 以上のとおり、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 
令和2年10月19日

三重県議会議長  日沖 正信


(提出先)
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
財務大臣
文部科学大臣

ページの先頭へ