このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 本会議 > 質問者・質問項目 > 平成14年 第4回定例会 質問項目

平成14年 第4回定例会 質問項目

芝 博一議員(新政みえ)

  1. 知事の政治姿勢について
    (1)三選不出馬に至った経緯
    (2)今後の県政運営の考え方
  2. 県の財政問題について
    (1)予算編成
    (2)ミニ公募債
  3. 内部告発について
    (1)パールロード不正事件への対応
    (2)内部告発への対応
  4. 県各種委員会のあり方について

西尾文治議員(自由民主党)

  1. 知事の政治姿勢について
  2. 経済見通しと財政問題について
  3. 市町村合併と道州制について
  4. 人工透析について

野田勇喜雄議員(無所属.MIE)

  1. 3選不出馬発言の波紋について
  2. 中小企業の経営支援対策について
  3. 公共事業の新しいシステムの構築について
  4. バリアリー社会づくりについて
  5. 福祉行政に対する県の取組について
  6. 紀北地域の振興策について

三好 孝議員(新政みえ)

  1. 中小企業への金融施策について
      融資、デフレ対策、信用保証の損失補償
  2. 雇用トラブルについて
  3. 情報先進県の推進について
      市町村との一体化、行革、業務の見直し
  4. 市町村合併について
      特例債
  5. 教育問題について

中川正美議員(自由民主党)

  1. 構造改革に伴う諸問題について
  2. 半島地域の安全と活性化について
  3. 人的ネットワークの整備について
  4. 教育の諸課題について

田中俊行議員(新政みえ)

  1. 三重県版デフレ対策について
  2. 構造改革特区(四日市市)と県の産業政策について
  3. 中部国際空港への海上アクセス(四日市港ルート)について
  4. 三重県の教育改革について
  5. 少子化対策について

貝増吉郎議員(自由民主党)

  1. 今こそ官民談合の根源を絶て!
    (1)県庁の瑕疵責任を問う
    (2)満額落札の摩訶不思議を問う
    (3)「経常JV」に見る経営審査点数の見直しを問う
    (4)「建設Gメン」早期導入を問う
  2. 木曽岬干拓地開発利用推進は本気か?
  3. 地元桑名の活性化に向けて
    (1)桑名グリーンシティーへの新提言で閉塞打開を
    (2)桑名国営公園計画について
  4. 教育問題について
    (1)桑名衛生看護学校の将来展望について
    (2)特色ある学校づくりへの提言
    (3)スクールカウンセラー配属の推進計画について

清水一昭議員(新政みえ)

  1. 道路問題について
      中勢バイバスについて
  2. 県営鈴鹿スポーツガーデンの整備拡充について
  3. 教育問題について
    (1)県立高等学校再編活性化について
    (2)小中高生の暴力行為の状況とその対策について
    (3)外国人児童生徒の教育について
  4. 産業廃棄物問題について
      鈴鹿市内の産業廃棄物の不適正処理について

前田剛志議員(新政みえ)

  1. 改革先進県を目指して
    (1)新たな改革のステージを創造する為に
    (2)組織改正のフォローを
  2. 地方分権と市町村合併の促進を
    (1)小規模市町村の合併促進を
    (2)地方分権の推進体制を
  3. 予算編成に向けて
    (1)海上アクセスの港湾整備の促進を
    (2)維持管理費の充実を
  4. 学習者起点の教育を
    (1)教育委員長の所信表明を
    (2)学校週五日制のフォローを
    (3)普通教室へのエアコン取付を

浜田耕司議員(自由民主党)

  1. 知事の政治姿勢について
  2. 教育問題について
  3. PFI研究会の成果による提言
     PFI事業の活用による伊勢市のまちづくりについて

中村進一議員(新政みえ)

  1. 伊勢志摩の元気づくりについて
  2. 男女共同参画の推進について
  3. これからのNPOと行政の協働のあり方について
  4. 三重県としての平和政策、平和教育について

辻本 進議員(自由民主党)

  1. 国政の改革について北川氏に期待すること
  2. 県財政の改革について
      人件費の節約と仕事の簡素化
  3. 公共事業の効率化
    (1)国土調査の促進
    (2)用地買収の外注化
  4. 新しい高齢化対策
  5. メディカルバレー(医療産業集積地帯)を畿央地域に
  6. 警察官の増員
  7. 公正な選挙の推進について
  8. 地元の道路
    (1)名阪上野インターと国道368号大内橋の改良
    (2)国道368号未改修区間のルート決定
    (3)国道165号の混雑緩和
    (4)県道改良(上野~名張線)(名張~青山線比奈知地区)(上笠間、八幡、名張線。薦生地区)
    (5)住民参加(主導)型県道改良(赤目滝線)(蔵持霧生線比奈知地区)
    (6)名張市南西部と名阪道との連絡道路

萩原量吉議員(日本共産党)
知事の政治姿勢について
     何故、三選出馬できないのか?
     その真相、背景を問う

ページの先頭へ