このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

平成20年第2回定例会 請40

受理番号・件名 請40  義務教育費国庫負担制度の存続と更なる充実を求めることについて
受理年月日 平成20年9月16日
提出された
定例会
平成20年第2回定例会
紹介議員 舘  直人、藤田 正美、真弓 俊郎
付託委員会 教育警察常任委員会
請願要旨  政府の「三位一体改革」のなか、2006年3月「国の補助金等の整理及び合理化等に伴う義務教育費国庫負担法等の一部を改正する等の法律」が成立し、義務教育費国庫負担制度は存続されたものの、負担率は2分の1から3分の1に引き下げられた。
 「骨太方針2008」では、「地方分権改革推進委員会」の「第1次勧告」にもとづき、「国・地方財政状況を踏まえつつ、国庫補助負担金、地方交付税、税源移譲を含めた税源配分の見直しの一体的な改革に向け地方債を含め検討を行い、順次勧告する」としている。また、「地方分権改革推進計画」を策定し、「新分権一括法案」を2009年度内にできるだけ速やかに国会に提出することも明記している。このような地方分権改革推進のなか、義務教育費国庫負担制度について議論の対象となることは必至であり、同制度の存続は予断を許さない状況である。
 義務教育費国庫負担制度は、義務教育の機会均等とその水準の維持・向上及び地方財政安定のため、国が必要な財源を保障するとの趣旨で確立されたものであり、これまで学校教育に大きな役割を果たしてきたところである。その時々の国や地方の財政状況に影響されることのない、確固とした義務教育費国庫負担制度によって、未来を担う子どもたちに豊かな教育を保障することは、社会の基盤づくりにとってきわめて重要なことである。
 以上のような理由から、義務教育費国庫負担制度が存続され、国庫負担率が2分の1へ復元されるよう、国の関係機関に意見書を提出されたく請願する。
ページの先頭へ