このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。


現在位置:
  1. ホーム >
  2. センターについて >
  3.  センター長からのご挨拶


センター長からのご挨拶

    
       センター長  金井 剛 (かない つよし)
 

 

 《プロフィール》

  •  1983年群馬大学医学部卒業
  •  神奈川県立こども医療センター、横浜市立大学病院精神神経科、関東労災病院神経科、公立学校共済組合関東中央病院神経科、西横浜国際総合病院神経科に勤務
  •  1993年横浜市立大学病院小児精神科勤務
  •  2001年横浜市中央児童相談所医務担当課長
  •  2007年横浜市こども青少年局担当部長(中央児童相談所医務担当課長)
  •  2014年横浜市中央児童相談所長兼務
  •  2016年三重県立小児心療センターあすなろ学園長に就任
  •  2017年6月 三重県立子ども心身発達医療センター長に就任

 このたび小児心療センターあすなろ学園と草の実リハビリテーションセンター、児童相談所聴覚支援部門が合流して、県立子ども心身発達医療センターとして新たにスタートしました。

 子どもの心と体の発達を両面から支援すること、国立三重病院の隣接地に建てられ、付近には児童相談センターもあり、様々な機関が連携して、支援の質を高め、子どもとその保護者の利便性を高めることが計画の根幹にありました。「子どもを中心として様々な職種が手をつないで支援・治療する」という、あすなろ学園の草創期からの哲学が、院内に留まらず広がるということです。子どもの治療や家族への支援は病院の中だけでは解決されません。教育、福祉、地域など様々な機関や人々の力が必要です。そのような連携の象徴となるべく、県立かがやき特別支援学校ともども大里の地に移転したといえます。

 入院病棟はそこが子どもの生活の場であり、生活を通じての成長を支えることを大切に考えます。個室の増床、無駄な空間の配置、生活自立のためのツールの整備などを進めました。三重病院とは連絡通路でつながり、診療情報の双方向の共有も図られます。地域における発達障害に対する切れ目ない支援を推進するあすなろの市町支援課と、リハビリテーションを地域で継続するための草の実の地域支援課は発達総合支援部の中に組み込まれ、今後連携することも模索します。併設されたかがやき特別支援学校は、入院している子ども達の教育にあたり、人材育成の任も合わせて、三重県の特別支援教育の中核をなしていきます。職員の居室は支援スタッフルームという広い一室に集約され、職員間の交流も進めていきます。そのようにして『子ども一人ひとりが、その子らしく豊かな人生を送るために』職員が一丸となって治療にあたるよう努めます。
 よろしくお願い申し上げます。

外来診療のご案内
児童精神科
整形外科・小児整形外科
リハビリテーション科
  • 医療関係者の皆様へ
  • 地域支援の取り組み
  • センターの取り組み